提供:パナソニック株式会社

ちょっとの工夫で劇的にラクになるお掃除テクニック

毎日の掃除も、ガッツリする掃除も面倒なもの・・・。そんな掃除をちょっとの工夫でラクにしちゃうコツを集めてみました。

更新日: 2012年06月20日

1090 お気に入り 257252 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ひと手間で、ぐ~んとラクになるスゴ技

冷蔵庫の棚にラップを敷けば、掃除が超簡単に!

食品汚れは放置すると固まってしまい、落とすのも苦労しますね…。ラップを敷いておけば、汚れたら取り替えるだけで済みます。

魚焼きグリルはアルミホイルを敷いて焼けば、水洗いの必要ナシ

汚れたら取り替えるだけなのでラクですね。
ちなみに、焼き網に「酢」を付けておくと、焦げ付きづらくもなるそうです。

ホットプレートの汚れは氷を使ってゴッソリ落とす

温めたホットプレートの上に氷を落とし、キッチンペーパーなどで拭き取るだけ!
※ヤケドに注意して下さい。

換気扇の頑固な油汚れはドライヤーで熱風を当て、サッとひと拭き

要らなくなったシャツなどでも代用可能ですね。タオルは濡らさず使いましょう~。

入浴後にお風呂の壁を「お湯→水」の順で流せばカビ防止に

お湯シャワーで汚れをある程度落とした後、水シャワーで温度を下げることでカビ予防に効果的です。
床や壁の水滴をタオルで拭き取るとさらに効果的!

エタノールスプレーをシュッと一吹きで、家中ピカピカ!(※火気厳禁)

エタノールは「揮発しやすい」「水にも油にも溶けやすい」「カビなどを殺す作用がある」「ウィルスも不活性化」といったスゴイ性質があり、これを使わないのは損!!
水まわり、油汚れ、消臭、消毒、カビ防止などに使える万能スプレーです。

捨てるのちょっと待って!余った○○を再利用

お米の「とぎ汁」にはワックス効果があるので、床がピカピカに!

とぎ汁に含まれる油分により、自然のワックス効果が期待できます。
肥料と同じくらいの栄養もあるので、ガーデニングの水やりにも使えます。

キッチン周りのガンコ汚れは「アルミホイル」で劇的に落とせる

コンロやフライパンのコゲ付きに、洗剤を付けたアルミホイルをこするだけでキレイに落とせます。
水あかには、アルミホイルの金属イオンが汚れを吸着して洗剤なしでピカピカに!

皮脂汚れは、使わなくなった「香水」でキレイ&いいニオイ

「電気のスイッチ」「トイレのハンドルカバー」「本のカバー」など皮脂がつきやすい場所は、
アルコール分が含まれる香水でピカピカに。

余った「シャンプー」で浴槽を洗うと、洗剤よりもキレイに?

シャンプーは皮脂汚れも落ちるくらい洗浄力が強いので、お風呂掃除にも使えそうです。

残りがちな「輪ゴム」で、ふすまの敷居のホコリをゴッソリ除去

少しふすまを持ち上げて、輪ゴムを踏みつけます。
ゴロゴロと輪ゴムを開け閉めすると、奥の方からゴミがくっついて出てきます。

ハイテク家電で節電もぐ~んとラクに

フィルターの掃除って結構面倒なので、
自動で掃除してくれる機能があればラクチンですね~
http://panasonic.jp/aircon/

掃除する場所に応じて自動でパワー調整してくれるので、いちいち切り替えする手間なく、スムーズにエコなお掃除ができそうですね。
http://panasonic.jp/soji/

量や汚れ具合いなど、その日の洗濯物に合わせて運転してくれます。コース設定とか結局良くわからないので、これなら誰でも最適コースで洗うことができますね!
http://panasonic.jp/wash/

毎日の洗い物ってとにかく面倒!!
食器洗い乾燥機なら、節水にもなるし、自動で洗ってくれるのでラクですね~。って当たり前かっ!
http://panasonic.jp/dish/

参考)掃除の基本

「上から下」「奥から手前」の順番でムダをなくす

ホコリは「上から下へと落ちる」もの。
手前から掃除機をかけるのも、せっかく掃除した場所を踏みつけながら進むことになります。

時間(つけ置き)と温度を活用する

ガンコ汚れはごしごしと力任せに落とすより、つけ置きをして汚れを緩ませてあげることが大切。
温度を40℃位にすることで汚れ落ちがよくなります。(洗剤を温めるのも効果的)

酸性汚れ(油)→アルカリ洗剤を、アルカリ汚れ(水あか)→酸性洗剤

洗剤に迷う人もいると思いますが、
汚れの種類を知ることで、その反対の性質の洗剤を使えば化学反応でカンタンに落とせます。

・油汚れ、手・湯あか(酸性) …アルカリ性の洗剤を(重曹、石鹸など)
・水あか、石けんカス(アルカリ性) …酸性の洗剤を(酢など)

1