大崎:そのためには情報を公開して、広く一般の人たちがリスクを共有するための仕組みを整えること。また、議論の過程を公開し後の検証に使うことによって、原発の安全を司っている人たちが自らの決定に責任を持つことが、仕組みとして欠かせないと考えているんです。

返信 リツイート いいね

福島の事故を受けてアメリカは規制強化と情報公開で尚も原発推進。しかし、こんな抽象論でアメリカの世論は納得しているのだろうかと疑問。国土が広いから世論は福島を深刻に受け止めていないのかもしれない。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

原発の安全とは何か ~模索する世界と日本~/Nスペ(全編動画付き)

2012年5月19日(土)午後9時30分~10時19分再放送予定→5月31日(木)午前0時50分~1時39分(30日深夜)

このまとめを見る