1. まとめトップ

【どこの国でも】女性についてのことわざ【女性はなぞ?】

どこの国でも女性は悩ましく解らんです・・・・でもイギリス・インドは何だかなァと・・

更新日: 2012年12月19日

3 お気に入り 17528 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kon40さん

女についてのことわざ面白過ぎワロタwwwwwwwww

秋の空は、「秋の空は七度半変わる」といわれ、変わりやすいもののたとえ。

三界は仏教上の全世界で、欲界・色界・無色界のこと。
女は、子供のときは親に従い、嫁いだ後は夫に従い、年をとれば子供に従うものだということ。

女性と徳のない人間は節度をわきまえず、親しくすれば無遠慮になり、遠ざければ恨みを抱くので扱いにくいものであるということ。

女の悪魔ほどひどい悪魔はいない(イギリス)
男-女-悪魔と並べると、比較の三段階変化ができる(イギリス)

一度別れてしまった夫婦はもとどおりにはならないこと。
中国の周という国の呂尚は若いころひどく貧乏であったが、読書にふけって、ちっとも働かない。
そこで妻は愛想をつかし、出ていってしまった。その後呂尚は文王に見いだされ、出世して斉の国に封ぜられた。
そのとき復縁を申し入れてきた、妻に言ったことばがこれであった。

妻が勢力をふるう家はやがて滅びるということ。
また、古代中国では雌鳥が時を告げるのは不吉な前兆だとされた。

お釈迦様は、長老に「女には、九つの悪い属性がある」とおっしゃった。
その 九つの悪い属性とは何か。
女は、
1、汚らわしくて臭く、2.悪口をたたき、 3.浮気で、4.嫉妬深く、5.欲深く、
6.遊び好きで、7.怒りっぽく、 8.おしゃべりで、9.軽口である
ということである。

男はなぜ不幸が起きたのかという原因を探るので、滅多な事では同情しないということじゃないかな。
起きるべくして起きた事故とかって同情に値しないだろ。自己責任的な意味で。

1 2