1. まとめトップ

私はこの方法で、タイピングが速くなりました!

速くタイピングができるようになりたい!そんなお悩みを持っている方は少なくないはず。実はちょっとした取組みで、タイピングは一気に速くなるのです。

更新日: 2016年09月24日

yukimi11さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
409 お気に入り 595429 view
お気に入り追加

みなさんお悩みのタイピング

@haruchim14 タイピングミス多いしタイピング遅いっていうww もう・・・おしまいだぁ・・・ww

相変わらず文字打つことが少ないからタイピングは遅い

タイピング遅い所為でこんなにも時間掛かってしまってる

しかしこんなにツイートしててもタイピング速度が遅い…

できることなら、キーボードを見ずに素早く入力したいですよね。お仕事も捗りそうです。

タッチタイピングをするには、キーボードのホームポジションという決まった位置に指を置き、そこから各キーに指を伸ばして入力していくことが重要となります。
Fキーに左手の人差し指、Jキーに右手の人差し指を置き、その指から順にDキーに中指、Sキーに薬指、Aキーに小指と並べ右手はKキーに中指、Lキーに薬指、;(セミコロン)に小指を置きます。
ほとんどのキーボードはFとJにポツとラインか点がついていて指で探ると出ていてわかりやすくなっています。どのキーを押しても、この位置に必ず指が戻るようにします。このホームポジションにいつも指を置くことができれば、キーの位置がずれることなく入力できます。

▼声に出しながらやってみる

ローマ字入力の方は基本の「あいうえお」を練習します。打つキーは「aiueo」です。これは母音と言ってローマ字入力での基本となります。なぜかと言いますと、「aiueo」の位置を覚えれば、それに「k」を加えて、「ka ki ku ke ko」で「かきくけこ」が入力できますし、「s」を加えれば「さしすせそ」を入力できます。基本のこの5文字をまずはマスターしましょう。そのあとで1文字ずつ加えていくといいでしょう。

暗記をする場合は、目や口、手足など五感を使って覚えるといいそうです。かきくけこの入力の場合、「ケー、エー、ケー、アイ・・・」と言いながら入力するといいですよ。

▼自分にあったキーボードを使いましょう!

自分にあっていないキーボードを使っていると疲れて徐々にタイピング精度が下がります。

やはり正確性は非常に重要なので家電量販店などでいくつかキーボードを叩いてみることをオススメします。

メッセンジャでもIRCでもネットゲームでも良いのですが、タイピングを使って誰かとコミュニケーションをとらなくてはなないシーンに直面すると、タイピングが遅いことで相手を待たせることになるので、急ぐ気持ちが出てきます。

なので、これを時々やることで、もっと速くなれたら良いのにな、という気持ちがわいてきます。

▼タイピングゲームにはまってみる

タイピングゲームにハマってみるのはオススメです。単純に楽しくタイピングを練習できる、ということもありますが、それ以上に良い点として、タイピングの目標設定が自然とできる、ということがあると思います。

このボスが倒せない、とかこのレベルがクリアできない、といったことは気がつかないうちに自分の短期的な目標設定になっているわけです。

タイピングで目標設定をしている人なんてほとんどいません。何しろただのツールなので。

というわけでゲームをやりながら自然と目標設定をして、乗り越えていくというのは1つのアプローチとしてなかなかイケてるのではないかと思います。

▼先に書くことを考えてからタイプする

体感値でわかると思いますが、考えながら書くと、2つのことを同時にしようとしてるので、ミスタイプが増えます。

タイピングはなるべくシンプルなほうが速く正確にタイプできるので、先に書く内容を認識してからタイプすることで速さと正確性が増すわけです。

実際の使用シーンでは、考えながら書くことのほうが多いと思うのですが、この時にも1文章ぐらいは考えてから書くことで随分とタイピングにかかっている時間は省けます。

▼絶対にキーボードを見ない!

絶対にキーボードを見ない これにつきます。
どんなに間違えても、絶対に見ない。
見るのは、タイピングが終わってから。

1





yukimi11さん

今日皆さんが少し楽しい時間を過ごせますように。

▼すきなこと
美容・食・旅・映画・読書