1. まとめトップ

GreenPost - しなやかな技術研究会 2012/5/28-31日版

自然エネルギー 適正技術 クラフト - 繊細にして強靭、そして”手”をイメージした技術に関する情報収集および発信----- GreenPost -Heuristic Life- 発見的生活の提案

更新日: 2012年06月26日

0 お気に入り 7980 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

greenpostさん

[最新のまとめ GreenPost - しなやかな技術研究会 2012/6/1 -日版]
http://matome.naver.jp/odai/2133811369662739401

p.2 ■ニュース&トピックス 
http://matome.naver.jp/odai/2133776988136060701?page=2
p.3  ●気になる話題 
http://matome.naver.jp/odai/2133776988136060701?page=3
p.4 ■おすすめのまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2133776988136060701?page=4

[アーカイブ] http://goo.gl/1DyMl

[前回のまとめ GreenPost - しなやかな技術研究会 2012/5/24-27日版]
http://matome.naver.jp/odai/2133657401536207601

■GreenPostの記事 / おすすめエントリー

東京メトロ、新たな太陽光発電の設置計画を推進

ドイツの太陽電池の累計設備容量は、約24.7GWp。この設備で、瞬間的な最大発電量22GWをたたきだしました!

- ここのところ、企業の度重なる倒産や予算の割りに貢献度があまりに少ないといわれてきたり、ビハインドな情報の多かったドイツの太陽光発電。久々に明るいニュースです。

-----image : (”Federal expenditure on energy research”) : May 2011 BMU Brochure: Innovation Through Research - 2010 Annual Report on Research Funding in the Renewable Energies Sector,P.12-BMU-Germanyより
参照
http://greenpost.way-nifty.com/k/2012/05/post-0068.html

-----image(”Federal expenditure on energy research”) : May 2011 BMU Brochure: Innovation Through Research - 2010 Annual Report on Research Funding in the Renewable Energies Sector,P.12-BMU-Germanyより
参照
http://greenpost.way-nifty.com/k/2012/05/post-0068.html

旭硝子は、太陽電池や建築、照明分野に利用できる、多用途向け化学強化特殊ガラスLeoflex(TM)を発売すると発表しました。太陽電池の軽量化に貢献するだけでなく、新たな用途開発にも応用されることが期待されます

-----image : プレスリリース / AGC 旭硝子、2012/5/29 多用途向け化学強化特殊ガラス“Leoflex(TM) ”を販売開始 ~軽量化を実現するガラスを太陽光パネル、建築、照明等へ幅広く展開~(140KB) より
http://www.agc.com/news/index.html

双日と明電舎は、明電舎の回生電力貯蔵装置「キャパポスト」を含む、変電設備一式を、香港の地下鉄および鉄道ネットワークを運営する香港鉄路有限公司より受注したと発表

日本の素材製造技術、宇宙の太陽エネルギーで大活躍

-----image : プレスリリース / カネカ / 2012/05/21
・高耐熱性熱融着ポリイミドの次期宇宙大型薄膜構造体材料への採用に向けて より
http://www.kaneka.co.jp/service/news/120521b

中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力の6社は、相互に協力し地域間連系線を活用した中西日本における風力発電導入拡大を図ることについて合意。まずは、北陸電力および四国電力から、地域間連系線を通じて中部電力と関西電力が協力して電力を受電する体制を作ると発表

-----image : 地域間連系線を活用した風力発電導入拡大に係る風力発電の系統連系受付について-----四国電力、平成24年05月25日。(別紙2) 風力発電導入拡大に向けた取り組みについて (PDF-124KB) 別紙2「風力発電出力制御技術の実証試験」より
http://www.yonden.co.jp/press/re1205/1180557_1960.html

5月25日に、政府は立ち遅れている海洋発電開発加速を指示、企業などが自由に実証実験を行える専用の海域を、早ければ平成26年度にも整備するなど支援策を具体的に発表したということです。

今回撤退を発表したのは、JEFスチールです。欧州での太陽電池需要のかげりと中国メーカーの追い上げにより、将来への展望をなくしての撤退となったようです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

●おすすめエントリー

興味深いイベントのご案内

1 2 3 4