1. まとめトップ

第3回「2013年 B-1グランプリ関東大会」が開かれる勝浦市の魅力

2013年に開かれるB級ご当地グルメ祭典「B-1グランプリ」の関東大会の開催地に決まったと発表した。B-1の関東大会の開催地となるのは埼玉県行田市、山梨県甲府市に続き3例目。関係者は「食による町おこしにつながる」と喜んでいる。

更新日: 2013年09月03日

9 お気に入り 20974 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

takikawaさん

▽2013関東・甲信越B-1グランプリin勝浦は9月28日と29日、勝浦で行われます

B-1グランプリ関東大会

第一回は埼玉県行田市。第2回大会は山梨県甲府市。第3回目は千葉県勝浦市。

B-1関東・甲信越 B-1グランプリ in 勝浦 2013年9月28日・29日に開催

2013年9月に行われる「B-1グランプリ関東大会」は勝浦市で開催

プレ大会を2012年9月に開催

熱血!勝浦タンタン船団や勝浦市、商工会、観光協会など23団体で実行委員会を組織し、運営を手掛ける。

B―1グルメを競っている関東の10団体と県内の食による地域おこしグループ10団体が参加を予定している。

第3回B-1関東大会決定に関するメディア報道

勝浦市のB級グルメ、勝浦タンタンメンが呼び水に

千葉県勝浦市で50年ほど前から食べられている辛くて美味しい真っ赤なスープのご当地ラーメン。
通常のいわゆる坦々麺とは違い、芝麻醤(チーマージャン)は一切使わず、真っ赤なラー油の辛さ、たまねぎの甘み、挽肉の旨みを絶妙なバランスで仕上げたのが勝タン。
そもそも勝タンは、当時、海女さん・漁師さんが寒い海仕事の後に、冷えた体を温めるメニューとして定着してきた。

勝浦ってこんなところ

勝浦生まれの勝浦育ち、子供たちのお魚アイドルとして誕生した「勝浦カッピー」

千葉県南部に位置するお魚天国。天国の人口は県内の市で一番少なく逆に魚の方が多い状態となっている。

主要産業はもちろん漁業であり銚子漁港に次いで県内では最大の漁獲量を誇る。特にカツオが多く獲れるためかつお祭りなどを実施しており地域に密着している魚と言える。

マグロ、キンメダイ、カジキ、イカなども多く水揚げされる

ひな祭りも2~3月に実施している。こちらも人の数より多い(ちなみに勝浦の人口は二万人)。何かと人の数を上回るものが多い。

海岸線のほとんどはリアス式海岸になっており、南房総国定公園に指定されている。

1 2 3