提供:パナソニック株式会社

人生がちょっぴりラクに?有名人の“脱力系”フレーズ

せっかくの良い習慣もがんばるだけじゃ続かない。時には楽しんだり、ラクをしたり、はたまた時にはサボったり・・・。だから、じゃないけど実は偉人・有名人は力の抜き方がうまかったのかもしれません。そこでここではそんなかれらの脱力系名言をご紹介します。

更新日: 2012年06月18日

1406 お気に入り 411279 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

これ無駄でしょ!という労力を押し付けられた時につぶやきたい名言

タモリ「やる気のある奴は、去れ」

やる気のある人は「頑張ります」って真正面しか見ていないけど、正解や面白いものってその横にあるもの。
だから、やる気のある人間が周りにいると暑苦しいんだとか。さすが、タモリさん!

山崎弘也「仕事で嫌なことがあったら、“これは後で話のネタにできるな”と考えるようにしてる」

出典山崎弘也 タレント

喉元すぎれば熱くないもんです。

みうらじゅん「辛いこと・嫌なこと全てに「ブーム」と「プレイ」という言葉をつけてみる」

出典みうらじゅん 文化人

とくに「プレイ」は逆にヤミツキになりそう・・・。

落合博満「俺はラクして勝てと言うんだ。苦労して勝つな。笑って結果を出せ」

どうやったらラクに結果が出るか考えてみろ、といった気持ちのウラ返しです。

ガンジー「速度を上げるばかりが、人生ではない」

スピードばかり意識して、何か大切なものを見落とさないように…

高田純次「やっぱり人間は難しいことに挑戦したほうがいいよ。オレはいやだけど。」

出典高田純次 タレント

やっぱり苦労が好きな人なんていないですよね!

ガンバりが空回りしてるな、という時に思い出したい名言

岡田武史「肩の力を抜いて自然体になると、力んでいた時には見えなかったいろいろなことが見えてくる。」

力を抜くことで人が寄ってくるようになり、今まで得られなかった情報が増えてきたとか。

浜崎あゆみ「スニーカーのラクさを知ってしまった!撮影ではヒールを履いてるけど、普段は断然スニーカー。ダッシュできるし(笑)」

一度ラクを味わうと、なかなかやめられませんよね^^;

秋元康「時間に追われている人は人生を楽しめない。無駄な時間の中にこそ、宝物は埋まっているのです。」

時間に追われることで、楽しいことも楽しめなくなってしまうこともあります。一見無駄に見えるようなことでも、楽しさや、大切な意味があるんだと思います!

力の抜き方が分からない!という時に知っておきたい名言

所ジョージ「明日できることは、明日にしましょうよ」

なんでもかんでもやろうとすると、気持ちも憂鬱になっちゃいますよね。割り切って、明日やろう~

大島渚「きっぱり『ノー』と言えることが、人生を楽にしてくれる」

思ったことはハッキリ言って、溜めこまないようにしよう。

桜井和寿「ダメな自分をだせるようになってすごく楽になった」

「素」を見せちゃえば、気持ちもラク~になれるもの。

本田宗一郎「私は不得手なことは一切やらず、得意なことだけやるようにしている」

苦手なことは他の人に任せちゃいましょ~。

手塚治虫「手を抜け、ミスを修正するな。同じ絵を何百回も使え。手抜きがバレそうになったらタマには凝れ」

手を抜くことについても一流だったからこそ、たくさんの名作を残せたのかも。

頑張りすぎている人を見た時に教えてあげたくなる名言

明石家さんま「生きているだけで、まるもうけ。オレなんか、テレビに出てなかったら、ただのやかましいオッサンやで」

ええ言葉やな~(笑)

上島竜兵「客なんて笑わないんだから気にするなよ」

出典上島竜兵 タレント

なんだかんだでリアクション芸の世界では大御所ですよね。

アントニオ猪木「ふざけやがって。ミソ汁で顔を洗って出直してこい。」

しょっぱい話だけど、笑うとラクになりますよね。そういうことですよね・・・。

一休「大丈夫だ。心配するな。なんとかなる」

死の間際、「どうしても困った時に開けなさい」と弟子たちに遺した最後の手紙に書かれた言葉。
あの「一休さん」が言うんだから、大丈夫。何とかなりますって(笑)

長嶋茂雄「そこにバットある?あったら振ってみて?うん、そう、いい感じだ!」

元阪神の掛布に電話でバッティングのアドバイスしたそうです。このくらいの適当さが必要ですね(笑)

松下幸之助「春を楽しむように人生を楽しむ心があるならば、
 やがてまた春のそよ風のように、
 心もやわらいで、生き甲斐も感じられてきます」

人生を楽しむ心…そういう余裕を持って生きたいですよね。

1