出典 hananusubito.fc2web.com

イラガ

イラガという蛾の幼虫で、別名「デンキムシ」。
その針だらけの身体に触れてしまうと、恐ろしい激痛に見舞われます。水泡状の炎症が出来、痛みは1時間以上続きます。卵を潰したり繭に触れても炎症が起こる場合も。

刺されてしまったら、流水でよく洗い流し、毒の棘が残っていたら粘着テープなどで取り除きましょう。虫さされの治療薬を塗り、症状が酷かったら病院へ行きましょう。

この情報が含まれているまとめはこちら

【虫の季節、到来!】見かけたら要注意!な日本の虫 まとめ

すっかり暖かくなってきた昨今、街路樹や公園などで虫をよく見かけるようになってきました。無害な虫もいれば、とても危険な虫も意外と数多くいます。そこで、日本国内でよく見られる危険な虫たちをまとめてみました。

このまとめを見る