出典 www.geocities.jp

アオバネアリガタハネカクシ

体長は6mmほどで頭部がアリに似ており、6、7月に多く発生します。パッと見、飛べなそうですが、灯りに向かって飛ぶ習性があり夜の人家などの灯りに誘われて飛来したりします。

ペデリンという毒性物質を体液に持ち、虫に触れただけでスジ状の炎症が起こります。

この情報が含まれているまとめはこちら

【虫の季節、到来!】見かけたら要注意!な日本の虫 まとめ

すっかり暖かくなってきた昨今、街路樹や公園などで虫をよく見かけるようになってきました。無害な虫もいれば、とても危険な虫も意外と数多くいます。そこで、日本国内でよく見られる危険な虫たちをまとめてみました。

このまとめを見る