1. まとめトップ

宇宙すげええええってはなし

宇宙ってロマンチックですよね。でも規模が大きすぎてもうわけがわかりません。そんな宇宙のすごさをざっくりとまとめようと思います

更新日: 2012年05月25日

powerさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
150 お気に入り 195555 view
お気に入り追加

宇宙

年齢

現段階での最も緻密な推定、宇宙マイクロ波背景放射の観測値を根拠に計算したものによると137.3億歳±1.2億歳、とされている

特徴

宇宙は膨張をしていると見なされている。光速よりも速いものすごい速さで

最先端の科学でも、全宇宙の4パーセントしか理解できていない
 宇宙のエネルギーの23%は暗黒物質
 宇宙のエネルギーの73%は暗黒エネルギー

宇宙謎すぎ

宇宙の大きさ

とりあえず光の速度には限界があるので観測できる範囲が限られていてよくわからないそう。
でもめちゃくちゃ広いのはたしか

宇宙のすごさがわかる動画

おおいぬ座VY星(VY canis majoris)
太陽の2100倍の大きさの赤色超巨星
太陽系から5000光年くらいの距離にあります。
今のところ「最も大きな恒星」
この星を太陽系の中心に持ってきたら、土星の辺りまでの大きさがあるそうなので
星の直径だけで10天文単位あるということですね。

もし月の位置にほかの惑星があったら
これはおそろしいです・・・

脳細胞と宇宙の構造が完全一致

ここまで似ているとなんか神秘的な感じがしますね

宇宙は今後どうなっていくのか?

これは誰もが一度は疑問にもちますよね

宇宙人が入る確率を計算する式がある

ドレイク方程式
N=(R)×(fp)×(ne)×(fl)×(fi)×(fc)×L

N :我々の銀河系に存在する通信可能な地球外文明の数
 R :我々の銀河系で恒星が形成される速さ
 fp :惑星系を有する恒星の割合
 ne :1 つの恒星系で生命の存在が可能となる範囲にある
    惑星の平均数
 fl :上記の惑星で生命が実際に発生する割合
 fi :発生した生命が知的生命体にまで進化する割合
 fc :その知的生命体が星間通信を行う割合
 L :星間通信を行うような文明の推定存続期間

ちょとなにいってるかわからないですが・・・・宇宙人はいなくもなさそうです

R* = 10 [個/年] (銀河系の生涯を通じて、年平均10個の恒星が誕生する)
fp = 0.5 (あらゆる恒星のうち半数が惑星を持つ)
ne = 2 (惑星を持つ恒星は、生命が誕生可能な惑星を二つ持つ)
fl = 1 (生命が誕生可能な惑星では、100%生命が誕生する)
fi = 0.01 (生命が誕生した惑星の1%で知的文明が獲得される)
fc = 0.01 (知的文明を有する惑星の1%が通信可能となる)
L = 10,000 [年] (通信可能な文明は1万年間存続する)
以上の値を代入すると、N = 10 × 0.5 × 2 × 1 × 0.01 × 0.01 × 10,000 = 10.

太陽の4000万倍明るい、宇宙で一番輝いている星がある

LBV 1806-20という天体で、地球から4万5000光年の距離にある。地球と星との間にあるちりのために、この星は可視光では見えず、赤外線でしか観測することができない。LBVとは「高輝度青色変光星(Luminous Blue Variable、訳語はアストロアーツによる)」を意味しており、赤外線で観測すると明るさや色が変化するという特徴を持っている。また、短命で大質量であるのも特徴で、かなり珍しい天体である。

4千光年の彼方にダイヤでできた星がある?

有名なコピペ

ヤバイ。宇宙ヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。
宇宙ヤバイ。
まず広い。もう広いなんてもんじゃない。超広い。
広いとかっても
「東京ドーム20個ぶんくらい?」
とか、もう、そういうレベルじゃない。
何しろ無限。スゲェ!なんか単位とか無いの。何坪とか何ヘクタールとかを超越してる。無限だし超広い。
しかも膨張してるらしい。ヤバイよ、膨張だよ。
だって普通は地球とか膨張しないじゃん。だって自分の部屋の廊下がだんだん伸びてったら困るじゃん。トイレとか超遠いとか困るっしょ。
通学路が伸びて、一年のときは徒歩10分だったのに、三年のときは自転車で二時間とか泣くっしょ。
だから地球とか膨張しない。話のわかるヤツだ。
けど宇宙はヤバイ。そんなの気にしない。膨張しまくり。最も遠くから到達する光とか観測してもよくわかんないくらい遠い。ヤバすぎ。
無限っていたけど、もしかしたら有限かもしんない。でも有限って事にすると
「じゃあ、宇宙の端の外側ってナニよ?」
って事になるし、それは誰もわからない。ヤバイ。誰にも分からないなんて凄すぎる。
あと超寒い。約1ケルビン。摂氏で言うと-272℃。ヤバイ。寒すぎ。バナナで釘打つ暇もなく死ぬ。怖い。
それに超何も無い。超ガラガラ。それに超のんびり。億年とか平気で出てくる。億年て。小学生でも言わねぇよ、最近。
なんつっても宇宙は馬力が凄い。無限とか平気だし。
うちらなんて無限とかたかだか積分計算で出てきただけで上手く扱えないから有限にしたり、fと置いてみたり、演算子使ったりするのに、
宇宙は全然平気。無限を無限のまま扱ってる。凄い。ヤバイ。
とにかく貴様ら、宇宙のヤバさをもっと知るべきだと思います。
そんなヤバイ宇宙に出て行ったハッブルとか超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ。

宇宙にまつわるすごい用語集

1 2





powerさん