1. まとめトップ

人類進化の空白!ミッシングリンクの謎

人類は一体何から進化してきたのでしょう?進化の過程が分からない期間をミッシングリンクと言うそうですが、非常に興味深いですね。人類進化の最も古い存在はアウストラロピテクスといわれていますが、それ以前の存在はなぜ発見されないのでしょうか?

更新日: 2012年05月26日

79 お気に入り 294508 view
お気に入り追加

ミッシングリンクとは

失われた繋がり。

主に生物学(古生物学)で、あるふたつの種の間の欠けている部分を指す事が多いか。「二足歩行し始めた直後の人類」などが代表格。

生物の進化を例にした場合、それを乱暴に要約すると、「種族A」→「種族B」→「種族C」の順に進化する過程があったとする。その過程で、この種族の形は次第に変化するが、Bを飛ばしてAとCを見比べると、その間に劇的な変化が発生しているようにみえる。
このとき、その劇的な変化の中間に位置すると推測できる「種族B」がどのような存在であったか、また、そもそも種族Bという存在があったのかどうかすらまったく不明な状態において、そこから仮定されるBがミッシングリンクである。別パターンとして、「種族C」という存在は確認されているが、それ以前の始祖がどのような形態であったのかが不明なケースもある

人類の進化の過程は?

人類の遺伝子

は、霊長類の仲間のチンパンジーやオランウータン等と99パーセント同じだと言われています。

他の1パーセントの違いはいったい、どの時代に、どのように始まったのでしょうか。

 地球誕生以来46億年という、気の遠くなるような時間の中で、幾多の種が生まれ、また消滅していきました。それら多種多様な生命の頂点に立つものとして人類が誕生しました。このことは紛れもない事実ですが、人類には他の動物と決定的に異なることがあります。それは自らのことを非常に知りたいと思っていることではないでしょうか。

生物学的には人間と猿との間にいたと思われる段階を「類人猿」と呼びます。一部では良く知られている話ですが、この「類人猿」は化石上も未だ発見されていないのです。

学説上、人類の進化の過程でもっとも古い化石は「アウストラロピテクス」と言われています。しかしその前段階の、猿人と人類の始祖との間には未だ深い溝があるのです。そしてその失われている進化の段階を「ミッシングリンク(失われている絆)」と呼んだのです。

水中進化論

水中進化論という仮説では、人間が肉食獣からの難を逃れるため海に飛び込み、魚介類や海草などを食糧として貝の殻を割るために道具を作る水中生活をしたと考えられた。
そして水中では二足歩行に適し、体温を保つ皮下脂肪がつき体毛がなくなるという変化が起こったとする。
この進化論が正しいとすれば、水棲類人猿と思われる「人魚」「河童」が存在した可能性も考えられる。

人類の原型は宇宙から説

ミッシングリンクの多さ、複雑さからそもそも人類の原型(遺伝子を持つ何か)は宇宙から来たのではないかと唱える人もいる。

もし化石の代わりに、宇宙説を奉じると、ピラミッドの壁画が示唆する状況やナスカの地上絵などの古代ミステリーの謎がすんなり説けるから。これはこれで例えファンタジーかもしれないけれど自分のルーツが分かっていくのは興味深い。。。

大西洋深海の新種:ミッシングリンク?

このピンク色の生物は半索動物であるキボシムシの新種と見られるが、このような生物が脊椎動物の祖先かもしれないと、MAR-ECOプロジェクト調査チームのメンバーであるモンティ・プリエデ氏は言う。

 今回の調査では新種と見られる3種類の原始的なぜん虫が捕獲された。色はそれぞれピンク、紫、白と異なり、体の形状もすべて違う。調査チームでは、これらのぜん虫をDNA分析にかけ、本当に無脊椎動物から脊椎動物へと進化する過程の上のミッシングリンクにあたる生物なのか調べる予定だ。

「今回の調査は、大西洋の深海に生息する生物に関する考え方に根本的な変化をもたらすものだ。大西洋沿岸近くに生息する生物ばかりを研究し、大西洋の中心部の海域にある丘や谷に生息するおびただしい数の生物を無視しているわけにはいかないということだ」とプリエデ氏は述べた。

霊長類のミッシングリンク発見

2009年5月19日。霊長類の進化を解明する“ミッシングリンク”として発表され、メディアを騒然とさせている“イダ(Ida)”。この小さな化石は、今後も人類の起源を研究する科学者たちの間で議論を呼び続けるだろう。

 4700万年前のこの化石を分析したのは、ノルウェーにあるオスロ自然史博物館の古生物学者ジョエルン・フルム氏がリーダーを務める研究チーム。同氏は、新しい著書やドキュメンタリー番組、自身のウェブサイトの中で次のように主張している。

「イダは霊長類の進化史に空いた穴を埋める重要な“ミッシングリンク”だ。サルや類人猿、ヒトなどの高等霊長類とキツネザルのような遠縁種の間にある進化上の空白を埋める化石である。全人類と遠縁種をつなぐ最初の“リンク”であり、直接の祖先に最も近い種であると考えられる」

オススメまとめ

本当に存在していたのか?世界各地で発見される巨人族の骨

人間と恐竜は共存していた!?カブレラストーンの謎

1





ミステリー系・不思議系に特化したまとめを作って行きたいなと思っています^^