出典 imgcc.naver.jp

【歌手】 TERU 厳選画像集

1988年の3月頃、小・中学校の同級生であるTAKUROに誘われ、GLAYとしての活動を始める。当初はドラマーとしての加入であったが、ある日、TAKUROがTERUの家にまだ歌の入っていないデモテープを置き忘れ、歌があったほうが何かとやりやすいだろう、と考えたTERUが歌を入れてみたところ、それを聴いたTAKUROが「神がかった声」と感じて腰を抜かした[2]。これがボーカリストへ転向するきっかけとなり、新しいドラマーが見つかるまで、マイクを天井からぶら下げて、ドラムを叩きながら歌っていた[3]。同年7月には、GLAYとしての初ライブを行う。

この情報が含まれているまとめはこちら

【GLAY】 TERU 厳選画像集

TERU(テル、1971年6月8日 - )は、日本のロックバンドGLAYのボーカリスト。本名、小橋 照彦(こばし てるひこ)。愛称は、てっこ。北海道函館市出身。北海道函館商業高等学校卒業。身長169cm。妻はPUFFYの大貫亜美。

このまとめを見る