1. まとめトップ

WordPressカスタマイズ(初級) | ブログを作る実況まとめ

WordPressは色々な形にサイトが作れますが、まずは簡単ブログの形を作るカスタマイズの方法を実況を交えながらまとめていきます。基本的にHTML+CSSの基本が分かる方向けです。

更新日: 2012年06月26日

1 お気に入り 2572 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

まずはインストール

私のブログの設定

ある程度記事をまとめたブログのカスタマイズをしようと思って、下記のブログを初期値に戻して作ることにしました。

※アドレスが分かり辛いので修正しました(2011.06.04)

このサーバーの特徴

・ロリポップさん
・日本語ドメインにも対応

ブログの基本設定

WordPressをインストールした後、一般設定から詳細を入力します。

上部は個々に入力していきますが、←下部のこのあたりは、後ほどブログのデザインに影響するので表示方法を考えながらチェックを入れてみてください。

デフォルトでそのまま使用している人も多いですが、自分のこのみのアドレスを指定してあげたほうが、使いやすいです。

SEOなんかも考えた時に記事のタイトルがそのままURLに入るように私は、カスタム構造→/%category%/%postname%/としました。
日本語がそのまま使用されるので、一つ一つ設定を後からしなおすというめんどくさい事もありますが、この設定で最近落ち着いています。

オリジナルテーマの準備

下記のソフト・ツールを使用します。

・OS:windows7
・デザイン:Adobe Fireworks&Photoshopなど
・チェックプラウザ:IE8.9(6.7は無視(笑))Safari・Firefox・Chrome最新
※チェックに関してはMACでも行います。

ローカルの準備

1.ローカルで新規フォルダを作成→テーマの名前をつける。

2.TeraPadでファイル→文字改行コードでUTF-8に変更したファイルを、index.phpという名前で上記のフォルダ内に保存する。

3.2と同じようにstyle.cssという名前で保存する。

3.style.cssをTeraPadで開いて、テーマの内容を記述する。
ただし、特になければテーマ名(※必須項目)とテーマ制作者名、テーマ配布先のWebサイトURL程度を設定すればいいかと思います。

style.cssに記述可能な内容

Theme Name: テーマ名※必須項目
Theme URI: テーマ配布先のWebサイトURL
Description: テーマの説明
Version: テーマのヴァージョンを記述
Author:  テーマ制作者名
Author URI: テーマ制作者のWebサイトURL
License:ライセンス
License URI:ライセンスの詳細が書かれたファイルのURL
Tag:テーマに関するタグ

書き方は下記のとおりです。
私が記述した内容です。

/*
Theme Name: petite-parole+blog
Theme URI: http://petite-parole.com/blog
Description: petite-paroleのオリジナルブログのテーマです。
Version: vol.01
Author:  矢野みち子
Author URI:  http://petite-parole.com/
*/

オリジナルのテーマの画像を作ります。

テーマの一覧で分かりやすいような画像にしておきます。この段階でデザインが出来ている場合はその画像のスクリーンショットを取るのが一番分かりやすいです。

サイズは300×225。画像データファイルは
jpg、png、gifのみ。ファイルの名前は「screenshot」で保存します。

サーバへアップロード

テーマフォルダをアップロードします。
FTPソフトを使ってアップするので、事前にインストールをしておきます。

サーバーに繋げて、wp-content→themesのフォルダ内に上記のファイルをフォルダごとアップします。

自分のあげたオリジナルのフォルダ(私の場合はpetite-parole+blogという名前のフォルダ)を書き込み可能にしておきます。

FTPソフトを立ち上げたまま、サーバー側のフォルダを右クリック→属性の変更→画像のように777に変更→OKをクリック

管理画面でチェック

外観→テーマ編集で見ると左の図のように表示されます。ここで「有効化」をクリック。

ブログを確認して今は何も無いので真っ白な画面になっているのを確認してください。

FTPの属性の変更で書き込みを可能にしたので、管理画面上で、ファイルの書き込みが出来るようになりました。

フォルダごと書き込み可能にしたので、テーマフォルダ内に追加のファイルが増えても、書き込み可能になります。

オリジナルテーマ制作の準備完了

1 2