1. まとめトップ

吉野家の社名 ※吉の字は、正しくは「土(つち)」に「口(くち)」と書きます

吉野家の「吉」の正確な表記は「」(「土」の下に「口」、つちよし)である。しかしながら、そのメジャーさとは裏腹にほとんどの文字コードで採用されていない文字のため、現在の多くのコンピュータの日本語環境では表示できない。吉野家の屋号と現在までについてまとめてみた。

更新日: 2012年05月27日

0 お気に入り 11952 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

july701さん

株式会社吉野家 (英文名:YOSHINOYA CO.,LTD.)※吉の字は、正しくは「土(つち)」に「口(くち)」と書きます

株式会社吉野家 (英文名:YOSHINOYA CO.,LTD.)
※吉の字は、正しくは「土(つち)」に「口(くち)」と書きます

吉野家HPより

吉野家の屋号について調べてみた

吉野家は、1899年(明治32年)に東京・日本橋で創業。創業者・松田栄吉が大阪府西成郡野田村字吉野(上京時は大阪市北区西成野田字吉野。現在の同市福島区吉野)の出身だったことから屋号が吉野家になった。

吉野家の歴史

当時、東京都中央区日本橋にあった魚市場に個人商店として吉野家が誕生。関東大震災(1923年)により魚市場が築地に移転したのにともない、同地に移転。父のあとを引き継いだ松田瑞穂社長が牛丼屋の企業化をめざし、資本金100万円で株式会社吉野家を設立(12月27日)。米国・デンバーに牛肉の買い付けを目的としたUSA吉野家を設立。
フランチャイズ第1号店を神奈川県小田原市に開店。ビーフボウルと銘打って、米国・デンバーにYOSHINOYA・米国1号店を開店。米国にYOSHINOYA WEST INC.を設立。会社更生手続きを申請。更生計画が認可され、セゾングループが資本参加。資本金5億円で再スタート。当初計画より早く更生債権100億円を完全返済。
台湾に合弁会社台湾吉野家を設立。 日本でダンキンドーナツを展開する株式会社ディー・アンド・シーと合併、
社名を株式会社吉野家ディー・アンド・シーに変更。店頭登録銘柄として社団法人日本証券協会より承認。香港に開店。中国・北京に開店。国内出店500店舗を突破。シンガポールに開店。国内全都道府県への出店完了。
ダンキンドーナツ事業から撤退。東京証券取引所第1部へ上場。
製造物流部が「ISO14001」を認証取得。本社・店舗が「ISO14001」を認証取得。
フィリピンに開店。米国・ニューヨークに開店。
中国・上海に開店。米国での展開を統括するホールディングカンパニーYOSHINOYA AMERICA INC.を設立。米国産牛肉輸入禁止により、牛丼を一時販売休止。
国内1,000店舗突破
中国・深に開店。米国産牛肉輸入再開により牛丼の販売を再開。株式会社吉野家ディー・アンド・シーの新設分割設立会社として、株式会社吉野家が発足。インドネシアに開店。
創業111周年記念として「牛鍋丼」を新発売。発売後25日目で、1000万食を突破。タイに開店。
「焼味豚丼 十勝仕立て」を新発売。発売後約3ヶ月で、1000万食を突破。

吉野家文化

吉野家には独特の企業文化があります。目に見えない吉野家文化の一つ「客観的、論理的な思考」。抽象的な表現を嫌い、客観的データや論理的思考をコミュニケーションの手段として使っています。一般的に、数字や客観的なものさしによる基準がないと、物事を感覚的に評価してしまいます。感覚的な基準では正しい判断ができなくなり、皆がそれぞれ自分のエゴを主張するようになってしまうため、吉野家は、実に様々な場面で数字や論理的思考によるコミュニケーション手法が体の一部として身に付いているのです。
吉野家のコンセプトである「うまい、やすい、はやい」に表れているように、優先性の高いテーマに集中特化するという習慣も根づいています。牛丼のみという単品ビジネスを長期に亘って営んできたからこそ育まれたアイデンティティです。
そして、吉野家は2004年2月から2006年9月まで、主力商品である牛丼の休売を余儀なくされた950日間の歴史があります。吉野家はその中で多くを学ぶとともに、牛丼のみに頼らない『メニューミックス(複数アイテムの商品ライン)』ビジネスを確立しました。
長い年月の中で、様々な要因が融合、醸成された健全な文化を吉野家の強みとして再認識し、未来の発展につなげていきます。

客数増加主義

お客様からの支持は、客観的に評価できる数値と、ブランドイメージなどの客観的に測定できないものに分かれますが、私たちは、お客様からの支持の絶対的なバロメーターとして「客数」を重視しています。客数は、市場にいかに受け入れられているのかの指標であり、客数の増加こそ、お客様の支持の高まりを表すからです。客数を増加させるには二つの方法があります。一つは新規のお客様を獲得すること。もう一つは今利用されているお客様の来店頻度を高めることです。吉野家は後者がより重要であると考えており、ご来店いただいているお客様に対して、吉野家だから得られる満足を提供し続けることを大事にしています。お客様からの支持を得るために何をすべきかが常に優先的な課題であり、商品やサービスの品質を重視した活動を実践しています。今後もその姿勢は変わりません。

人材重点主義

吉野家の長所の一つは、一度決まったことに対して、全員がベクトルを合わせてエネルギーを集中できることです。それは、従業員全員に経営感覚が浸透しているからだと考えています。吉野家の新入社員には、徹底的な初期教育が施され、店舗運営のための数値の知識、マネジメントの理論などを教えます。初期教育で叩き込まれたものが一人ひとりの中に細胞として残り、その細胞が経営の意志を自然に理解しようと働くのです。創業当時からチェーン化の第一歩として組織づくり・人材育成に取り組んできた吉野家は、人材重点主義を変わらず持ち続けてきました。
人材教育と同時に、人材評価制度の体系化でも改善を重ねています。評価の基本コンセプトは実力・成果主義。従業員の活躍する場をつくり、そこで実力を発揮した人材を、きちんと評価する客観的な評価システムがあります。今も変わらず実力・成果主義の概念が根底にあり、改善努力は絶えず続いています。

組織ワーク

吉野家の風土には、組織を正しく対象に向かわせるための指導の仕方、人事評価の方法などが、美意識として連綿と存在しています。
トップダウン型ストロングマネジメントによる浸透性の高さとスピードは、吉野家の現場における大きな強みです。一方物事を決めるにあたって様々な角度から合理的に考え議論し、立場を超えて是々非々による有効的な選択をする、という議論を尊重する風潮ももう一つの特徴です。
ただ、いくら議論を尊重する風潮があるからといって、弁が立ち、その場を取り繕うのがうまいだけの人間が評価されたことはありません。それよりも不言実行の人間が評価されてきたことは確かです。徹底した議論の後の決定なら自分の意見が通らなくても納得できますし、不満も生まれません。地位や立場を超えて、良いことは良い、悪いことは悪いと議論することが大切で、自由に議論できる状況を自ら作り上げることは、リーダーシップの発揮にもつながると考えています。

愛称・通称は「吉牛(よしぎゅう、吉野家の牛丼の略)」

吉野家(よしのや)は、牛丼を主力商品とする、大手外食チェーンストア(牛丼屋)。

株式会社吉野家ホールディングス(略称:吉野家HD)の子会社・株式会社吉野家(英: Yoshinoya Co., Ltd.、略称:吉野家)が、同店の運営企業である。日本国内における牛丼チェーン店舗数では2008年(平成20年)9月末以降、すき家に次いで第2位である(沿革参照)。

本社所在地は、東京都北区で、日本だけでなく中国、香港、台湾、フィリピン、シンガポール、マレーシア、アメリカにも支店を持つ。愛称・通称は「吉牛(よしぎゅう、吉野家の牛丼の略)」

低価格路線を採った外食産業における代表的なチェーン店のひとつ

2003年(平成15年)までは牛丼のみの単品販売が特徴的で、2001年(平成13年)夏にはコスト削減による体制を整えた上で外食大手の低価格競争に追随し、牛丼並盛一杯280円という低価格と他のファストフード店と比べても一線を画す配給スピード(築地店店長の盛り付け速度は、1杯あたり15秒)で人気を集めた。バブル崩壊以降、ミスタードーナツやマクドナルドなどと共に、低価格路線を採った外食産業における代表的なチェーン店のひとつであった。

他の牛丼店と同様、原料である牛肉のほとんどがアメリカ合衆国からの輸入であるため、2003年(平成15年)にワシントン州でBSE(牛海綿状脳症)感染牛が確認され米国からの輸入が停止されると牛肉の調達が不能になり、一時牛丼販売の休止に追い込まれ、営業の縮小や、牛カレー丼、豚丼などの代替商品の緊急投入を余儀なくされた。

牛丼を休止した理由として「米国産牛肉でなければ吉野家の牛丼の味が出せない」「米国産牛肉以外だったらタレの構成配分を変えなければいけない」「別の(肉をメインに使用した)牛丼を出したら『これ違う』と客から文句が出るに違いない」「長期的視野で間違いの少ない選択をするため」との見解を示している

沿革

1899年(明治32年) - 東京府東京市日本橋区(現:東京都中央区日本橋)にあった魚市場に個人商店吉野家が誕生(創業)。

1899年(明治32年) - 東京府東京市日本橋区(現:東京都中央区日本橋)にあった魚市場に個人商店吉野家が誕生(創業)。
1926年(大正15年) - 魚市場の築地市場移転に伴い、築地へ移転。
1952年(昭和27年) - 24時間営業を開始。[3]
1958年(昭和33年)12月27日 - 牛丼屋の企業化をめざし(初代)株式会社吉野家を設立。
1965年(昭和40年) - 年商1億円を達成。渥美俊一の教えを受け、チェーン展開の構想を練り始める。
1968年(昭和43年)12月 - チェーン展開を開始、2号店として新橋駅前に新橋店を開店[4][5]。
1973年(昭和48年) - フランチャイズ事業を開始(1号店・小田原店)
1975年(昭和50年) - アメリカ1号店(デンバー)オープン。
1980年(昭和55年) - 120億円の負債を抱えて7月15日に東京地裁へ会社更生法の適用を申請し事実上の倒産。店舗の急増に伴い、つゆのコストダウンのために粉末のつゆに変更したこと、輸入牛肉の供給不足のため、輸入制限が適用されないフリーズドライの乾燥牛肉の利用に踏み切った事などから、味の悪化による客離れの進行、さらに外食産業の発達に伴う輸入牛肉の需要増による牛肉価格の高騰から原価の上昇などの複合要因によって経営が急激に悪化した事が原因。
1983年(昭和58年) - 更生計画が認可され、セゾングループ傘下で再建に乗り出す。一時期はダイエー傘下での再建も検討されたが、最終的にダイエー側が断念。
1987年(昭和62年) - 更生計画終結。倒産の元になった債務(更生債務100億円)を完済。
1988年(昭和63年)
月日不明 - 同じセゾングループのダンキンドーナツ運営会社「株式会社ディー・アンド・シー」と合併し、株式会社吉野家ディー・アンド・シーになる。
2月 - 台湾1号店(台北)オープン。

1990年(平成2年) - 株式を店頭公開(JASDAQ店頭市場)。

1990年(平成2年) - 株式を店頭公開(JASDAQ店頭市場)。
1991年(平成3年)
月日不明 - 香港1号店オープン。
月日不明 - 中国・北京1号店オープン。
1997年(平成9年) - 会社更生法の適用を申請した持ち帰りすし店チェーン「京樽」の再建支援に乗り出し、子会社化。シンガポール1号店オープン。
1998年(平成10年) - 高知県に初出店し、全都道府県への出店を達成。ダンキンドーナツ事業から撤退。
2000年(平成12年)11月 - 東京証券取引所第一部に上場。
2001年(平成13年)
月日不明 - フィリピン1号店オープン。
3月 - カレーショップPOT&POTの運営会社として株式会社ポット・アンド・ポット(現:株式会社千吉)を設立。
3月23日 - 東日本旅客鉄道(JR東日本)の外食グループ会社であるジェイアール東日本レストラン(現ジェイアール東日本フードビジネス=JEFB)との業務提携により、JR駅構内1号店「駅の牛丼 吉野家 JEFB(ジェフビー)」を東京・渋谷駅のハチ公口高架下にオープンし、同31日には赤羽駅南改札内に2号店をオープン。
7月26日(西日本)・8月1日(東日本) - 外食大手の低価格競争に追随し、牛丼並400円→280円に値下げ[6](2004年(平成16年)2月まで)。
2002年(平成14年)
月日不明 - 中国・上海1号店オープン。ニューヨークのタイムズスクウェア近くに開店し話題に。
10月 - 株式会社上海エクスプレスワールドワイドの運営する「上海エクスプレス」および「ニューヨーク/ニューヨーク」の営業譲渡を、子会社・株式会社築地家が受けて、株式会社上海エクスプレスに商号変更。
2003年(平成15年)
1月31日 - 株式会社三幸舎ランドリーセンターの株式を51%取得し、子会社化(障害者雇用の特例子会社)。
8月1日 - 株式会社石焼ビビンパの増資に応じて、出資比率を18%から67.2%に上げ子会社化。
2004年(平成16年)
1月15日 - マレーシア1号店オープン。
2月11日 - BSE問題の影響でアメリカ産牛肉の輸入停止による影響を受け、一部店舗を除き牛丼の販売を休止(詳しくは後述参照)。
6月1日 - 讃岐うどん店のはなまるうどん運営会社の株式会社はなまると資本業務提携。33.4%出資してグループ企業化。
10月25日 - オーストラリア1号店オープン
10月27日 - 中国・深圳1号店オープン
2005年(平成17年)4月7日 - 西洋フードシステムズ九州(現:西洋フード・コンパスグループ)から分割して新設された、九州吉野家の全株を取得して子会社化。

2006年(平成18年)5月19日 - 株式会社はなまるへの出資比率を51%に高めて、子会社化。

2006年(平成18年)
5月19日 - 株式会社はなまるへの出資比率を51%に高めて、子会社化。
9月6日 - 安部社長が記者会見を行い、2年7ヶ月ぶりに牛丼の販売を9月18日に限定再開する件を発表。
9月18日 - 「牛丼復活祭」限定100万食プロモーションキャンペーンを実施。有楽町店での復活イベントを各マスコミが報道、虎ノ門店にはジョン・トーマス・シーファー駐日アメリカ大使が来店し、牛丼復活を祝福するなど米国産牛肉のPR活動を行った。
12月 - 相次ぐ飲酒運転事故に対する社会的な批判を受けて、駐車場付き店舗全店におけるアルコール類(冷酒・ビール)の販売を、在庫がなくなり次第中止する(駐車場のない店舗については今後も販売を継続)。
2007年(平成19年)
2月28日 - 10月1日をもって純粋持株会社への移行を発表。
8月30日 - 「びっくりラーメン」チェーンを運営するラーメン一番本部が民事再生法の適用を申請したのを受けて、大阪地裁の許可を条件に店舗や工場などの事業を譲り受ける形で支援に乗り出す方針を発表。成り行きは違うが所縁の地は、奇しくも同じ大阪市福島区吉野である。
10月1日 - 持株会社体制への移行に伴い、株式会社吉野家ディー・アンド・シーから社名を株式会社吉野家ホールディングスへ商号変更。また、吉野家事業に特化した100%子会社の(2代目)株式会社吉野家を同年同日に設立(後述)。
10月11日 - 8月中間決算発表の会見で吉野家HD社長は「吉野家は全国一律という価格戦略を転換する」方針を発表[7]。発表時点では具体的な実施時期・地域・内容は未定であり、明確な値上げのスタンスには否定的[7]。
11月1日 - 四国内の店舗を運営していたフランチャイジーの株式会社グローバルフードサービスから会社分割する形で株式会社四国吉野家を設立、同時に株式会社吉野家の完全子会社化[8]。
11月27日・12月5日 - 12月11日 - 「歳末牛丼祭」として、期間限定であるが2004年(平成16年)2月以来、約3年10ヶ月ぶりに牛丼の24時間販売を行う事と牛丼・牛鮭定食・牛皿の50円引きセールを行う事を11月27日に発表し、同年12月5日午前11時から同年12月11日午前零時までの1週間限定で実施された[9][10]。
12月12日・27日 - 業績不振で支援先を探していたステーキレストラン最大手の「どん」を吉野家HDが子会社化することで両社が大筋合意し[11]、同月27日資本・業務提携すると正式発表[12]。翌2008年(平成20年)2月末にどんは持ち分法適用会社となった[13]。

2008年(平成20年)10月7日 - 単独の牛丼チェーン店舗数(2008年9月末時点)で、ゼンショーが運営する「すき家」が首位、吉野家が2位(2008年9月末時点、1,077店舗)に転落。

2008年(平成20年)
3月17日・20日 - 牛丼の主原材料である米国産牛肉の調達先開拓が進み、終日営業に必要な量の確保が可能になった事により、全国の吉野家約1040店で牛丼の常時24時間販売を再開すると3月17日発表、同月20日実施[14]。また「完全復活」を記念して特別割引券を全国の主な店舗で枚数限定にて同月20日午前0時より配布[14]。
4月21日・23日 - 伊藤忠商事が吉野家向けに2007年(平成19年)8月に輸入した米国産牛肉(ナショナルビーフ社カリフォルニア工場出荷)700箱中1箱から特定危険部位の脊柱が混入していた腰部の肉を吉野家の加工工場「東京工場」(埼玉県大利根町)で4月21日発見、農林水産省と厚生労働省は同月23日この事実を発表[15][16][17]。問題の牛肉は工場でのチェック体制がきちんと働いたことにより、消費者には販売されていないため「吉野家の牛丼は安全だ」と同社は強調した[16]。
6月 - 持ち株会社化により当月以降配布の株主優待が変更され、吉野家とおかずの華以外に石焼ビビンバと千吉及びピーターパンコモコでも使用可能になった。
9月19日 - 吉野家においてイオンの電子マネーWAONを導入に関し基本合意[18]。2009年(平成21年)春より順次展開し、2011年度(平成23年度)中に全店導入完了予定であり、吉野家WAONカードも発行する[18]。
10月7日 - 単独の牛丼チェーン店舗数(2008年9月末時点)で、ゼンショーが運営する「すき家」が首位(2008年9月末時点、1,087店舗)となり、吉野家が2位(2008年9月末時点、1,077店舗)に転落した事が判明[19]。
2009年(平成21年)
1月26日 - 日本国外の事業展開迅速化のため子会社「株式会社吉野家インターナショナル」設立を発表、事業開始は同年3月1日[20]。
3月31日 - 吉野家HDが、赤字の続く傘下子会社・上海エクスプレスの全株式を、ジェーシー・コムサの子会社であるベネフィットデリバリーに1円で譲渡[21]
5月11日 - 電子マネーWAONを沖縄県全店舗に導入完了[22]、他地域も一部を除き2010年(平成22年)4月28日までに順次導入[23]。
2010年(平成22年)
2月16日 - 神奈川県横浜市に地元農家との合同出資で農業生産法人を設立、牛丼用タマネギの自社生産を行う旨を発表[24]。
4月6日 - 2010年2月期の連結最終赤字が89億円になる見通しで、赤字幅はBSE問題が発生して牛丼販売休止の影響があった2005年2月期の赤字を上回り、1990年(平成2年)の上場以来、過去最悪の見込み[25]。
7月20日 - 吉野家HD(グループ各社を含む)が本社を東京都北区赤羽南(カルビーの旧本社屋)に移転。
9月7日 - 低価格メニューの第1弾として午前10時より牛鍋丼を並280円で販売開始[26]、オリジナルカレーなど一部メニューの販売を中止した。
2011年(平成23年)
4月14日 - 東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所事故後の約1週間で吉野家で働く首都圏の外国人アルバイト約200人が退職したことを明らかにした。
5月12日 - 牛丼並盛りの具材分量を戦後初めて変更した「次世代牛丼」を発表。
7月27日 - オリジナルカレーなど一部メニューの販売を再開。
8月 - タイ1号店オープン。
9月15日 ‐ 味の改善を行なった新味「牛鍋丼」を販売開始

1 2