1. まとめトップ

すごすぎる! 有名人の 卒業文集&子どもの頃の詩

随時更新します。

更新日: 2012年11月16日

U-F-Oさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
50 お気に入り 186402 view
お気に入り追加

イチロー
■卒業文集
「ぼくが一流の選手になって試合にでれるようになったら、お世話になった人に招待券をくばって、おうえんしてもらうのも1つです。とにかく一番大きな夢は、プロ野球選手になることです。」

僕の夢

 ぼくの夢は、一流のプロ野球選手になることです。そのためには、中学、高校でも全国大会へ
出て、活躍しなければなりません。活躍できるようになるには、練習が必要です。ぼくは、その練習にはじしんがあります。ぼくは3才の時から練習を始めています。3才~7才までは、半年位やっていましたが、3年生の時から今までは、365日中、360日は、はげしい練習をやっています。
だから一週間中、友達と遊べる時間は、5時間~6時間の間です。そんなに練習をやっているん
だから、必ずプロ野球の選手になれると思います。そして、中学、高校で活躍して高校を卒業してからプロに入団するつもりです。そして、その球団は、中日ドラゴンズか、西武ライオンズが夢です。

 ドラフト入団でけいやく金は、1億円以上が目標です。
ぼくが自信のあるのは、投手と打げきです。去年の夏ぼくたちは、全国大会へ行きました。そしてほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会ナンバ-1投手とかくしんできるほどです。打げきでは県大会、4試合のうちに、ホ-ムランを3本打ちました。そして、全体を通して打りつは5割8分3りんでした。
このように、自分でも納得のいくせいせきでした。そして、ぼくたちは1年間まけ知らず
で野球ができました。だから、このちょうしで、これからもがんばります。

 そして、ぼくが一流の選手になって試合にでれるようになったら、お世話になった人に招待券をくばって、おうえんしてもらうのも1つです。とにかく一番大きな夢は、プロ野球選手になることです。

鈴木一朗

本田圭介
■卒業文集
「ぼくは大人になったら世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。
世界一になるには世界一練習しないとダメだ。だから今ぼくは頑張っている。」

ぼくは大人になったら世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。
世界一になるには世界一練習しないとダメだ。だから今ぼくは頑張っている。今はヘタだけれどがんばって必ず世界一になる。
そして世界一になったら大金持ちになって親孝行する。
Wカップで有名になって、ぼくは外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団します。そしてレギュラーになって10番で活躍します。
一年間の給料は40億円はほしいです。プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り、世界中の人が、このぼくが作ったスパイクや ジャンバーを買って行ってくれることを夢みている。
一方、世界中のみんなが注目し、世界中で一番さわぐ、4年に一度のWカップに出場します。セリエAで活躍している僕は日本に帰り、ミーティングをし、10番をもらってチームの看板です。ブラジルと決勝戦をし、2対1でブラジルを破りたいです。この得点も兄と力を合わせ、世界の強豪をうまくかわし、いいパスを出し合って得点を入れる事がぼくの夢です。

北島康介
■卒業文集
「自己ベストより遅いけれども僕はこのタイムに一つの不満も持っていない。それはぼくにとってとても楽しかった学校のプールで出した大切なタイムだからだ。」

最後に残した三十六・三
北島康介
僕は水泳をならっている。速くなろうとしている。そして大きな大きな夢ももっている。それは速くなって、国際大会でメダルと取り、日本の代表選手に選ばれて、オリンピックに出る事だ。その夢に向かって一歩一歩近づいていきたいと、ぼくは毎日プールに行って泳ぎ続けている。
でも学校のプールは少し違う。学校のプールはまず速く泳ぐ事だけではない。そして速くなる事でもない。自分のみを守るためであるという事を僕は頭にたたきこんでいる。勿論速くなり、自分のベストをつくしていい結果が生まれればそれはいいと思う。もしそうでなかったら、水泳はとても不思議なスポーツである。僕はこの六年間でこのような事を文教したのだ。
「三十六・三」
この記録は小学校最後の記録会で出したタイムだ。きっとずっとずっと心に残る僕のタイムだと思う。今まで速く泳げるようになれたのは、この学校のプールがあったからであり、速く泳ぐ事だけでないという事を知ったのもこの学校のプールがあったからだ。自己ベストより遅いけれども僕はこのタイムに一つの不満も持っていない。それはぼくにとってとても楽しかった学校のプールで出した大切なタイムだからだ。

石川遼
■卒業文集
「ぼくの将来の夢はプロゴルファーの世界一だけど、世界一強くて、世界一好かれる選手になりたいです。」

将来の自分   

二年後…中学二年生、日本アマチュア選手権出場。

三年後…中学三年生、日本アマチュア選手権(日本アマ)ベスト8。

四年後…高校一年生、日本アマ優勝、プロのトーナメントでも勝つ。

六年後…高校三年生、日本で一番大きなトーナメント、日本オープン優勝。

八年後…二十歳、アメリカに行って世界一大きいトーナメント、マスターズ優勝。

これを目標にしてがんばります。マスターズ優勝はぼくの夢です。

それも二回勝ちたいです。みんな(ライバル)の夢もぼくと同じだと思います。

でも、ぼくは二回勝ちたいので、みんなの倍の練習が必要です。

みんなが一生懸命練習をしているなら、ぼくはその二倍、一生懸命練習をやらないとだめです。

ぼくはプロゴルファーになって全くの無名だったら、

「もっとあのときにこうしていれば…」とか後悔しないようにゴルフをやっていこうと思います。

来年には埼玉の東京GCで行なわれる「埼玉県ジュニア(中学の部)」で優勝したいです。

今は優勝とか関係ありません。

中学生になってからそういうことにこだわろうと思います。

高校生で試合に優勝すると、外国に招待してくれます。

その試合で世界から注目される選手になりたいです。

ぼくは勝てない試合には今は出ません。

ぼくの将来の夢はプロゴルファーの世界一だけど、世界一強くて、世界一好かれる選手になりたいです。

中田英寿
■中学2年生の時に書いた詩

力強く歩きたいと思った

くたびれて疲れ果てて

自分に負けそうになりながら

幾たびも幾たびも思い直して

もっと力強く進みたいと願った

そして新しい年が来ると

その新しい年が笑いかけてくれた

汚れていない新鮮な風と光が

いつでも向こうから声をかけてくれた

君、目標は君が選んだのだよ

自分で選んだ一つの大事な目標が

向こうから私を救ってくれるのだ

(中学2年)2組10番 中田英寿

99のやべっち
■卒業文集

どうもこんにちは。99です。
現在、ベーブルースの二つくらい下に位置しています。
そのうちとりあえずベーブルースの位置をいただきます。
そして2丁目劇場をしきって、ダウンタウンの位置をいただきます。
それから東京に進出して、とんねるずの位置をいただきます。
そしてエレベーター式にたけしの位置をいただくと同時に、欽ちゃんはその時点でおびえています。
その結果、私たちがお笑い界の帝王となるのです。

元モーニング娘 加護愛
■卒業文集
「小学校に入りずっと歌を歌い、誰にも負けないくらい上手に歌を歌いました。」
「中学生になったら、テレビに出れるように、オーディションを受けたいと思っています。」

夢を見事叶えた加護ちゃんは偉い!

私は将来歌手になりたいです。私は2,3才ぐらいから、歌が大好きになりました。小さい頃にママに「あいって、何になりたいん?」って聞かれ私は「歌手になりたい!」といい、この頃から歌にひかれてゆくのでした。小学校に入りずっと歌を歌い、誰にも負けないくらい上手に歌を歌いました。今ではそう言う余裕がなくなってしまいました。でも歌は大好きです。もし芸能人の歌手になれるなら、20才までには若いママになって、歌を止めようかなと思っています。それまで一生けん命、歌を歌ってゆきたいと思っています。
でも歌手になったら、いろんな芸能人に会えます。そして歌手になってコンサートを開台です。少しづつ売れてきたら紅白歌合戦に出て芸能人と一緒に年をこし、新しい年が迎えてきたら、また歌をうたって働いていきたいです。中学生になったら、テレビに出れるように、オーディションを受けたいと思っています。それまではとにかく勉強をしっかりしてから中学生になり、そしてオーディションを受けて、受かったら歌をうたい、働きたいです。そして私のママは私を18~19才で産んだので私も、それぐらいの年でベビーを産みたいです。そしてあこがれの歌手になりたいです。必ず夢を実現させたいと思っています。

Perfume のっち
■卒業文集
「どうですか。将来の私は、歌手になっていますか。」

将来の私にこんにちは
大木 彩乃
今日は、将来の私にこんにちはをしてみます。
私は将来歌手になりたくて、今、歌とダンスの勉強をしています。この日本で、夢を叶えて、成功する日派は約5人に一人だと聞いた事があります。私はその一人の中に入ろうと日々努力をしています。でもこのごろ、自分に自信がなくなって、「私は5人の中野一人ではなく、残りの四人の方に入ってしまうのではないか」と、考えてしまう事があります。そんな時はお母さんが、「心配しちゃあいけん」「大丈夫よ」と、私をはげましてくれます。
私には歌の勉強をしてる所のみんなに秘密で仲良くなった友達が四人います。秘密で仲良くなったから、「ごく秘」という意味の「トップシークレット」と名前を付けました。その四人はみんないっしょにいて楽しいし、歌も上手で良く気が合います。私は初めて、「この人たちと一緒に活動していれば、今まで以上にがんばっていける。」と思いました。もし歌手になれるならこのメンバーでトップシークレットという名前で活動していきたいなと思っています。
歌の先生が、良くこういいます。「自分が楽しくて、好きで歌ったり踊ったりしとるだけじゃこの仕事はやっていけれんよ。」先生はいつも私にとって勉強になる事を言ってくれます。だから私は、先生が話し始めたら、一生懸命聞くようにしています。この先生の一言一言が私の想像する「将来の私」へと繋がっていくんだと思います。
私は始め、歌が好きで歌手になりたいな。と、思っていました。だけど今は違います。いまはみんなに自分の歌を聴いて欲しい。自分の歌で人を励ましたり、感度させたり、楽しい気持ちにさせたりしたくて、歌手になりたいと思っています。
どうですか。将来の私は、歌手になっていますか。

2ch創設者のひろゆき氏
■卒業文集
「入りたい会社のこうほはもN社M社B社の三つのどれかにしようと思っている。」
「人の役に立つ職業には入りたくない、ひねくれ者なので、
これぐらいしか職業は、やっぱり、うかばない物であった。 」

昔はけいさつ官になりたかったけれど、きまりが多いので、
すぐにちがう職業になりたいと思いなおした。

そこで将来なりたい職業は50回ぐらい変わったと思うけど、
今は、三年ぐらい前からずっと決めていたプログラマーに
なりたいと思っている。

プログラマーになりたいわけは、
コンピューター関係が好きだからと言うことと、
収入が多い?ということでここ三年ぐらい
プログラマーになりたいと思っている。

コンピューターが好きになった理由は昔からゲームが好きだったので、
コンピュータも好きになったという単純な理由から来たものである。

プログラマーといっても、ゲームプログラマーになりたいわけでありまして、
ある一人の友達と職業が似ている今日このごろである。

昔、けいさつ官をやめた理由は、きまりが多くそのなかでも
出勤時間ということだけでやめたし、少し前までは
医者になりたいと言っていたがものすごい量の勉強が必要だと
知っただけで、すぐに他の職業になりたいといったりしていて
自分のしゅ味の職業というと、それぐらいしかない
と言うことも理由の一つであるのだった。

自分でも、よくはやとちりするほうなので、
もう入る会社もだいたい決めてしまっていたのであった。
勝手に決めた、入りたい会社のこうほはもN社M社B社の
三つのどれかにしようと思っている。

人の役に立つ職業には入りたくない、ひねくれ者なので、
これぐらいしか職業は、やっぱり、うかばないので物であった。

親は昔、学者になることを望んでいたような気もするけど、
いっくら親が望んでも、子供がそれを望まなければなれないものである。
母はこの職業に入るのは反対のようでパソコンとかやろうとすると、
すぐおこる。

でも、子供が勝手にその職業をやるだけで、親には関係ないと思う、
いままで育ててもらった恩を忘れたわけじゃないが、
これくらいの選たく権を与えてくれてもいいんじゃないかなぁと思う。

最後に………
「プログラマーになる!!」

「夢は政治家とお笑い芸人」

1





U-F-Oさん

趣味でまとめを始めました。

U-F-Oのトップまとめ↓
http://matome.naver.jp/odai/2133439605761681201

このまとめに参加する