1. まとめトップ

アディダスの3つのロゴの違いまとめ

葉っぱのロゴ、三角のロゴ、丸い円に三本線のロゴのそれぞれの意味をまとめました。トレフォイルロゴ(スポーツヘリテージ)、パフォーマンスロゴ(スポーツパフォーマンス)、グローブロゴ(スポーツスタイル)のアディダス(adidas)の3つのロゴのBRAND DIVISIONについてのまとめ。

更新日: 2015年07月04日

notepadさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
43 お気に入り 199264 view
お気に入り追加

公式ページでは Flash で説明が作成されているため iPhone から見られなかったので、ここにまとめてみました。

Once innovative, now classic and always authentic.
かつては革新的で、現在はクラシック、そしてつねに本物。
このディビジョンは、1972年に登場したtrefoilロゴによって象徴される。
今日ではアディダス オリジナルス商品を扱う。

Engineered to perform.
最高のスポーツパフォーマンスのために設計・開発。
このディビジョンは、1997年に登場したadidasロゴによって象徴される。
スポーツをする時とオフコート時、両時における着用を提案する商品を扱う。

Inspired by the future of sport and fashion.
スポーツとファッションの未来によってインスパイア。
このディビジョンは、2002年に登場したGlobeロゴによって象徴される。
スポーツブランドとしての機能の使命と、スタイルを融合した、斬新性を打ち出した商品を扱う。

1





notepadさん

このまとめに参加する