提供:プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社

ブラウンのヒゲにかける情熱がスゴい

「ブラウンモーニングレポート」でお馴染みのBraun。シェーバーや電動歯ブラシのほかコーヒーメーカーや時計までも作っていますが、その中でもヒゲにかけるホスピタリティが素晴らしい!

更新日: 2012年06月01日

130 お気に入り 148110 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

まずはこの画像をご覧ください

なんでしょうか、このシュールな画像は・・・

Braunの製品体験会に潜入してきました!

上記は、その体験会で行われたデモの一つ。
3D首振りヘッドがキウイの曲面に密着。
キウイを傷つけずに剃れるBraun、すげぇぜ。。

体験会ではデモに加え、
ヒゲのトリビアやBraunのデザインや性能に関する
秘密が次々と明らかに!!

左の画像はBraun初期の製品。歴史を感じます。

このくらい生えていても

キレイに剃れてツルツルに!

ニンニクをつけても、洗浄後はさわやかなレモンの香りに!

ブラウン シリーズ7 790cc-5Pのスペックが凄い

今までこんな機能みたことない。

世界で唯一、シェーバーに“人工知能音波テクノロジー”を搭載している

ヒゲの濃さを自動的に感知し、自動的に振動を調節してくれるようです。

”網目のパターンは899パターン”のこだわり

ディープキャッチ網刃というらしい。

ボタン1つで洗浄から乾燥・潤滑・充電までしてくれる。

除菌ができるのはBraunだけだとか。こだわってますね。洗浄だけなら25秒で完了するそうです。

各メディアも認める実力

電気マッサージ器を当てているような感じ、ものすごい勢いで振動しているのが体感できる

たった25秒で洗浄ができるのは、せっかちなワタクシにはポイント高し!

Braunクオリティを支えるデザイン哲学

1921年、小さな町工場として誕生したBraun。
長い歴史の中で誕生したプロダクトデザインは現在もなお受け継がれている。

使って楽しいデザインを追求し、「何年も愛用できる製品」を目指している

Braun製品は寿命が長いことでも有名なので飽きのこないデザインが必要ですね。

ただ、デザインだけでなく「機能性」にも重点を置いている

デザイン面だけでなく、スペックも世界をリードしているんですね。

Braunのデザイン哲学は、未来の消費者のニーズを満たすため今もなお進化し続けている。

90年の伝統と未来へのアプローチが融合している。

【おまけ】Braunが教える “ヒゲ” トリビア

ヒゲは剃れば剃るほど濃くなるのはガセ

ヒゲは一定以上は太くならないようです。短期的に濃く見えてるようですね。

1日のうちでヒゲが一番伸びるのが朝6時~10時ごろ

深夜はあまり伸びないようなので朝剃るのが理想的ですね。

ヒゲは1日に平均0.4mm伸びる

ただ、季節によって伸びる長さが違うようです。

キャンペーン実施中

14日使って、満足しなければ全額返金してくれる。
男らしいぞBraun!

<キャンペーン期間>
2012年5月1日(火)~2012年8月31日(金)

1