発掘が進むにつれ、この古代都市の遺跡には、どうしても説明のつかない多くの謎が浮かび上がって来るようになった。
 そのひとつに、遺跡のあちこちに見られるわけのわからない人骨の山である。それらは、路上や井戸端、さまざまなところに、うつ伏せになったり、仰向けになったりして不自然な状態で横たわっていた。
こうした、発掘中に発見された数十体の人骨のおかげで、この古代都市はモヘンジョ・ダロ(死の丘)というありがたくない名前を頂戴することとなってしまった。

出典不思議館〜古代の不思議〜

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

古代核戦争跡地!?モヘンジョダロとは

遥か昔に核戦争があったと言う話を信じますか?モヘンジョダロという遺跡があるのですが、その遺跡からは不自然な白骨死体が見つかっています。なんと高熱に晒された様な形跡があり、通常の50倍の放射能が検出されているのだそうです他にも核の攻撃を受けたような形跡は見つかっています。非常に謎の多い遺跡です

このまとめを見る