現在も、モヘンジョダロの最下層がどこまで、続いているのか謎である。それは、数メートル掘っただけで、塩分を含んだ地下水が吹き出して来る悪条件が発掘を困難にしているからだ。一度、アメリカの調査隊が、廃水ポンプをフルに活用して発掘に乗り出したが、遺跡の堆積は、どこまでも続いており見当すらつかなかったという。

モヘンジョ・ダロは、何千年もの気の遠くなる時の流れの中で、最初の生活圏が廃虚になると、その上にさらなる遺跡が覆い、また、しばらくすると、その上に別な遺跡が覆うと言った感じで、年輪のように何十にも重なっていったのである。
 恐らく、この古代都市の起原は、紀元前4千年か5千年ほどと推測されるが、そうなると、世界最古の文明ということになる。

出典http://members3.jcom.home.ne.jp/dandy2/works/works_14_x.html

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

古代核戦争跡地!?モヘンジョダロとは

遥か昔に核戦争があったと言う話を信じますか?モヘンジョダロという遺跡があるのですが、その遺跡からは不自然な白骨死体が見つかっています。なんと高熱に晒された様な形跡があり、通常の50倍の放射能が検出されているのだそうです他にも核の攻撃を受けたような形跡は見つかっています。非常に謎の多い遺跡です

このまとめを見る