出典 www5.kannet.ne.jp

エドワード・エルリック

錬金術師である父の影響か、幼少時より弟アルフォンス・エルリック(アル)と共に錬金術の初歩を独学で修得、才能の片鱗を見せる。5歳の頃に母を亡くしたことから、弟と共に人体錬成によって母を生き返らせることを目標とし、9歳の頃2人の師、イズミ・カーティスの下で錬金術を学んだ後に帰郷し、11歳で人体錬成を行うが失敗。失敗の代償は大きく、エドは左足を、アルは肉体の全てを失った。更にエドはアルの魂を錬成したため、対価として右腕をも失ってしまう。

深い絶望に陥ったエドであったが、マスタング中佐(当時)の勧めで国家錬金術師になる事を決意する。

この情報が含まれているまとめはこちら

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 名言集。

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 名言集です。

このまとめを見る