1. まとめトップ

1945年5月29日「横浜大空襲」、一番の人身の被害は京浜急行線黄金町駅:B-29が500機来襲

1945年5月29日の昼間に米軍のB-29爆撃機517機、P-51戦闘機101機が来襲。「横浜大空襲」が行われた。1時間8分の焼夷弾による爆撃で、中区、西区、南区、鶴見区、神奈川区、保土ケ谷区が壊滅的な被害を受けた。

更新日: 2016年05月29日

2 お気に入り 20273 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yokohamalabさん
1