1. まとめトップ

【英語で詳しい記事】太平洋の向こう側で、マグロから福島第一原発由来放射性セシウムを検出

表題の件、日本で報道されている内容をより詳しく知りたい場合は英語記事で。1ページ目はBBC、ロイター、AFP、ブルームバーグ、WSJ。2ページ目に豪ABC、米ABC、SF Gate、LA Timesの記事をリンク。

更新日: 2012年05月30日

2 お気に入り 6165 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nofrillsさん

日本での報道

東京電力福島第1原発事故で流出した放射性セシウムが、米カリフォルニア沖で捕獲されたクロマグロから検出されていたことが、米スタンフォード大のチームの調査で分かった。「放射性物質が海洋生物に取り込まれて広がっている証拠」と指摘している。29日付の米国科学アカデミー紀要に発表した。

「米科学アカデミー紀要」はProceedings of the National Academy of Sciences (PNAS).
http://www.pnas.org/

「5月29日付」はまだオンラインに来てないみたいです。

出典kwout.com

Current Issueが5月22日、Early Editionが25日。キャプチャ時刻は29日午後5時前(日本時間)。

……15匹のクロマグロで1キロ当たり最大10.3ベクレル、最小でも同2.9ベクレルだった。半減期が約2年と短いセシウム134が検出されたことから、福島由来と断定。……事故前の濃度の10倍以上だった。

チームは、捕獲したクロマグロは事故後、福島県沖で餌を通して放射性物質を取り込んだ後、米沿岸に達したとみており、「日本近海に生息して広範囲に移動するカメ、サメ、海鳥などが放射性セシウムを拡散させるかもしれない」と指摘する。

マグロの捕獲は2011年8月、カリフォルニア沖にて。

英BBCにPNAS掲載論文の説明(たぶんアブストラクトより詳しい)

Scientists stress that the fish are still perfectly safe to eat.

However, the case does illustrate how migratory species can carry pollution over vast distances, they say.

''It's a lesson to us in how interconnected eco-regions can be, even when they may be separated by thousands of miles,'' Nicholas Fisher, a professor of marine sciences at Stony Brook University, New York, told BBC News.

They examined the muscle tissues of 15 Bluefin tuna (Thunnus orientalis) taken from waters off San Diego in August 2011, just a few months after the accident at the Fukushima Daiichi nuclear plant.

These were animals whose parents would have spawned in Japanese waters and spent one to two years locally before heading to feeding grounds in the eastern Pacific.

All the fish examined in the study showed elevated levels of radioactive caesium - the isotopes 134 and 137.

BBCの記事では、このあと、「セシウム137は大気中核実験でのフォールアウトの結果として、海中に存在している」、「しかし半減期が2年と短いセシウム134は福島第一原発由来としか考えられない」と説明が続く。

As a control, the team also examined Yellowfin tuna, which are largely residential in the eastern Pacific.

These animals showed no difference in their pre- or post-Fukushima concentrations.

対照群についての説明。

''The potassium was about 30 times higher than the combined radio-caesium levels. If you calculate how much additional radioactivity there is in the Pacific Bluefin tuna caught in California relative to the natural background - it's about 3%,'' said Prof Fisher.

The scientists even calculated how much radioactivity might have been present in the fish before they swam across the Pacific ... and figured it could have been 50% above background levels ...

この文章はこのあと、but, again, this would still have met the legal requirements for safe consumption. と続きます。

発言の最初の「ポタシウム」は日本語では「カリウム」。大気中核実験や原発事故とは関係なく、元々ある放射性元素。

Tuna caught in the coming months will be subjected to new tests. These animals would have spent much longer in Japanese waters and so conceivably could have a very different pollution load.

今回調べられたのは2011年8月に捕獲されたマグロだが、その後、捕獲されたもの(日本の海にいた期間が、今回検査されたものより長い個体)もまた新たに検査されることになる、という説明。つまり、日本近海でのコンタミネーションについては、この先の研究発表待ち、ということのようです。

出典kwout.com

キャプチャ時刻は日本時間で29日午後4時20分過ぎ。3番目のニュースになっています。

Tuna record Fukushima pollution (マグロが福島の汚染を記録)という見出しの下、リード文を挟んで表示されている関連記事は:

WHO: Post-Fukushima radiation levels in Japan 'low'
24 May 2012 Last updated at 11:03 GMT
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-18181224

Cruise finds Fukushima pollution
22 February 2012 Last updated at 23:05 GMT
http://www.bbc.co.uk/news/science-environment-17124909

そのほかの英語での記事

出典kwout.com

Google newsでの検索結果画面(日本時間29日午後5時ごろ)。

Low levels of nuclear radiation from the tsunami-damaged Fukushima power plant have turned up in bluefin tuna off the California coast, suggesting that these fish carried radioactive compounds across the Pacific Ocean faster than wind or water can.

つまり、今回の研究により、「風や水の移動速度よりはやく、魚が放射性物質を運んでいるということが示されている」。(ここで「水の移動速度」としては、漁船やバイク、サッカーボールの漂着でニュースになった、洋上を流れていくデブリを基準としている。)

Without making a definitive judgment on the safety of the fish, lead author Daniel Madigan of Stanford University's Hopkins Marine Station noted that the amount of radioactive material detected was far less than the Japanese safety limit.

論文では、魚自身にとっての安全に関する判断はしていないそうです。(これは日本でのイノシシなどの検査でも同じですが……。)

Most of the radiation was released over a few days in April 2011, and unlike some other compounds, radioactive cesium does not quickly sink to the sea bottom but remains dispersed in the water column, from the surface to the ocean floor.

Fish can swim right through it, ingesting it through their gills, by taking in seawater or by eating organisms that have already taken it in, Madigan said.

これも論文に書いてあるのだと思いますが、「放射性セシウムはすぐに海中に沈殿するのではなく、海表から海床までの範囲で拡散された状態にある」。そして、魚はその中で暮らしている(泳いだり食べたりしている)、と。

Bluefin tuna may have transported radioactive material from Japan's quake-struck Fukushima nuclear plant across the Pacific Ocean to US shores, a study has found.

「クロマグロが、太平洋を横断して米海岸まで、福島第一原発からの放射性物質を運んでいるかもしれない、という研究結果がでた」という書き出し。

うーん、日本語での報道記事と大差ない内容。これを読むのならBBCとロイターの記事を読んだ方がよさそうです。

Radioactive material found in bluefin tuna ... is likely to decrease over time as the material dilutes in the ocean, scientists said.

Contamination levels ... are likely to decline even though cesium has ‘biomagnification’ characteristics, meaning the concentration increases from prey fish to predators when cesium is consumed. That would be offset by the bluefin’s metabolism, which should excrete cesium at a rate of about 2 percent per day, Fisher wrote in an e-mail.

論文とは別に、メールでフィッシャー教授にインタビューしているんですね。

“Much will depend on the concentration in the prey fish, which in turn is ultimately dependent on the water concentration,” wrote Fisher, a professor at Stony Brook University in New York, in response to e-mail questions. “If concentrations in water will eventually decline, as we would expect, due to dilution and dispersion, then concentrations in living organisms will eventually decline as well.”

ううむ、この if concentrations in water will eventually decline の条件を外し、記事冒頭でis likely to decreaseと述べるのは、どうなのかな……という疑問はあります(単に英語の叙述として)。

※この文、《条件》のif節のなかでwill使ってますね。珍しい。

After the nuclear accident at Fukushima Daiichi last year spewed radioactive cesium into the sea, concerned consumers in the U.S. soon raised the specter of irradiated tuna from Japan swimming over to West Coast waters — a scenario pooh-poohed by many scientists and U.S. fisheries.

Well, it’s happened. ...

なるほど、「科学者や米漁業当局はそんなのありえない、大丈夫だと言っていたが、実際にそうなったじゃないか」という論点。派手な見出しに関係なく、たぶん重要なのは下記。

The findings are the latest reminder of how little we know about the way radiation spreads in the environment, particularly the sea.

ブログは続けて、クロマグロの生態についてもよくわかっていないのが現状であり、米国の行政当局などが「心配ない」と請け合うようなことをしているのはどうなのか、という不信を示しています。

1 2