1. まとめトップ

しろくまカフェ同様、作者や原作を無視したために問題になった作品たち

自分の好きな作品をめちゃくちゃにされたことありませんか?しかし小学館は問題起こしすぎる。

更新日: 2016年06月30日

27 お気に入り 101376 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pommerさん

しろくまカフェ

原作者が何度も小学館やアニメ制作会社に打診したにも関わらず無視され、契約書すら結ばれずにアニメ化。グッズ化。

作者は心身ともに疲れきって無期限休載へ。

無責任艦長タイラー

原作とキャラクタービジュアル等を「売れ筋」に大幅に変更してのアニメ化。
原作者は「商業アニメの方向性としては間違っていない」と語っていたものの、ソレ以外の物語の中核部分、本当に語るべき部分などをないがしろにされ、アニメ自体すべて「変更のきかない段階まで来てから話を持ってこられてすべて【事後承諾】で行われた。」とタイラーシリーズのあとがきで暴露。
その関係のゴタゴタで作者自身とその周りがかなり色々あったようで、作者自体が完全に「商業主義の作品を書いてやるよ」みたいな事を言ってタイラー自体をアニメ、アニヲタ一般受けに完全リメイクしたリメイク版を出版した。

ヒャッコ

作者がアニメの内容に納得行かず各所でぼやく。
そして休載が多くなり後に完全休載へ。

いいひと。

正直に言うと終了を決めた直接のきっかけは、テレビドラマ化でした。

 テレビ局の方にドラマ化の許可を出すための条件の中に、ゆーじと妙子だけは変えないこと、という一文がありましたが、多くの方が感じたように、
ゆーじは変え「られて」いました。

 私はもうこれ以上わたし以外の誰にも変えられずに、読者の中の「いいひと。」を守ること、そして同時に多くの読者の方に切ない思いをさせてしまった、その漫画家としての責任として私の生活の収入源を止めること、その2つを考え連載を終了させようと思いました。

くまみこ

アニメ版最終回の第12話「決断」では、まちの従兄弟で村役場職員の「良夫」の奨めで、仙台市内でご当地アイドルコンテストに出場する内容。原作にはないシーンが追加され、良夫が以下のように話していた。

「熊出村の昔話、ひーこも知ってるよな? 娘を生け贄として差し出していたって話さ。それってさ、現代に置き換えたら巫術を持った娘巫女のことだと思わないか? あいつには酷だけど、マジに村の代表として、みんなの為に頑張って欲しいんだよ」

主人公の「まち」を、村のために犠牲にしようとするとも見られる台詞だけに、視聴者の間では戸惑いが広がっていた。

このオリジナル部分に作者も困惑して公式ブログで発言。

小学館と漫画家のトラブル

悩んで、悩んで、小学館を離れる決心をしました。
それを担当に告げると、
「だったら、いままでの出版物を全部絶版にする!」と言うので、
驚いて、「脅すんですか?」と言ったところ
「脅してるのはそっちでしょ!!」と言われてしまいました。
この辺りから、弁護士に相談するようになりました。
作家一人と大企業。
どう丸め込まれても、どんなウワサを広げられても一人では太刀打ち出来ません。
おまけに「頭がおかしくなってる」と言われ、むりやり連載を1回休まされました。

休ませた本人はなんと、雑誌に休む旨の予告を入れなかったのです。
結果、まるで原稿を落としたかのような扱いに・・・

そんな時、当時、小学館に出入りしていたうちのスタッフが
ある話を耳にします。それは、編集部の一人が
「新條まゆが連載を休んだのは、休ませないと移籍すると脅したからだ」
と発言したものです。
週2回の少女雑誌は現在3誌ありますが、お休みがもらえないのは
小学館の雑誌のみです。不定期連載もさせてもらえません。

私が脅したといえば、他の作家たちも納得するのでしょう。
が、話はおかしな方向に行きます。
内部事情を暴露したと、うちのスタッフを出入り禁止にしてしまったのです。
うちのスタッフといっても、わたし専属ではなく、いろんなところで
デザインのお仕事を抱えている方だったのですが、
小学館はやめさせてしまいました。
おまけに、そのスタッフがわたしを洗脳してると言い出す始末。
自分たちが言って来たこと、やって来たことを顧みない行為に
私は完全に編集部への信頼を失ってしまい
移籍する決意を新たにしました。

1