1. まとめトップ

ペンで手相を書いて開運?やり方いろいろ

数年前から話題の「手相を書く」という開運法。どこに何を書いたらいいの?ネット上で見つけた書き方を集めました。

更新日: 2013年06月29日

306 お気に入り 221712 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

melodienelさん

書き方

ペンの色は基本的に何色でもいいです。
 
自分の気に入った色で書くのが一番!

だけど、特にこだわりがない人は、ゴールドかシルバーのような光沢感のあるものをすすめます。

水性の金ペンで書いて、書いたら忘れていいです。思い出したらまた書いてください。
気楽に楽しみながら幸せな気持ちで書くことが大事です。
書くことが義務にならないように。
書くのが楽しいから書く(なぜなら叶うから)という感じが一番です。

恋愛運

■出会いがほしい……人差し指の付け根に「+」を書く!
 鉄棒などをしてマメができる辺り、手の平の人差し指の根元「木星丘」は、出会いと社会との関わりを示す場所。ここに注目をあらわす「十字マーク」を書くことで、将来性のある素敵な出会いが訪れます。本気の出会いがほしい人はぜひ!

■異性にモテたい……親指の付け根のふくらみに「*」を書く!
 親指の付け根のふくらみ「金星丘」がふっくらと血色がよく、張りがあるほど異性にモテる魅力の持ち主。ここに赤ペンで、幸運のマーク「*」を書けば、あなたが本来持つ魅力が発揮されやすくなり、異性からの注目が集まります。

財政的に 苦労しない結婚に
あこがれている セレブ志向の
貴方
財運線に 上向き加減の 結婚線を
つなげます。

幸せを信じて 書いてください。

仕事運・学業運

■出世したい……人差し指の付け根に「□」を書く!
 手の平の人差し指の根元(マメができるところ)「木星丘」は、社会的な立場をあらわす位置。ここにラッキーサインである「□」を書くことで、自信と実行力が高まり、上司に引き立てられて、出世することになるでしょう。

■独立したい……生命線から薬指に向かって「上向きに伸びる線」を書く!
 生命線上から薬指に向かう線は「開運線」といって、独立や開業の成功をあらわす線です。そのための準備を整えてきた人なら、薬指まで長くくっきりと書くことで、周りの援助を得て、開運の転機が訪れることになるでしょう。

■副業で成功したい……頭脳線の先に「上向きの線」を書く!
 親指と人差し指の間から始まる「頭脳線」の先が二股に分かれているのは、副業で成功する印です。頭脳戦の先が二股に分かれるよう、「上向きの線」を書き足せば、夢を現実にしていく実行力も備わり、趣味で始めた副業を大きな事業にすることも可能でしょう。

■チャンスをつかみたい……手の平から「薬指に上がる線」を書く!
 手の平から薬指に向かって伸びる「太陽線」は、社会的な輝かしい成功をあらわします。「手の平中央」から書けば、自分の得意ジャンルでチャンスをつかみ、「手首から薬指に向かって」長くまっすぐ書けば、人生が変わるほどの大きなチャンスをつかむでしょう。

試験に合格するには、絶対に合格する!という前向きで強い意志をもって目標に取り組まなければなりません。
そのためには、向上線(人差し指下の縦線)をのばします。
それでモチベーションが上がり、意欲がでます。

金運

財運は、ズバリ ここ!


もちろん、金色のペンを使いましょう!


「もうかりまっか?」


「ぼちぼちでんな~」


なんて会話は、さらば!

参考リンク

1