靴には「捨て寸」というものがあります

「捨て寸」とは靴の爪先の空間のこと。
通常は指先から靴の先までに1cm~2cm位の空間がある方が良い。
幅のちょうどいい靴を履くと甲の革のところで押さえられて足が止まり、
爪先には適正な「捨て寸」が確保されることになります。

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

痛くならないパンプス選び★自分の足型を知ることで劇的に変わる履き心地

女性なら毎日履くパンプス。ついデザインで買っちゃったけど長時間履いてると足が痛くてたまらない!という経験があるはず。逆に不思議と痛くならないパンプスはつい履きつぶしてしまうもの。それはあなたのつま先に合っているからです。自分の足の形を知って、デザイン+痛くならないパンプス選びをしていきましょう。

このまとめを見る