1. まとめトップ

【まあうんこ拭けよ】うんこもらした話まとめ

うんこもらした話が多すぎたのでまとめてみました。うんこにはみんな気をつけよう。

更新日: 2014年01月02日

in-bloomさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
35 お気に入り 318055 view
お気に入り追加

どのぐらいの人がうんこを漏らしているのか

「うんこもらした」での検索結果:約 292,000 件 (0.19 秒)
[2012年6月1日 出典:google]

うんこ漏らしたことについて調べるとこれだけの文献が出てくるのである。
ちなみに「おもらし」になると、NAVERまとめではセミアダルトに分類されるような内容になるので注意。
いずれの検索ワードも画像検索で用いてはいけない。絶対に。

2007年に一度大きなうんこもらしがあったことが伺える。
また、「うんこもらした」での検索数は近年、増加傾向にあることが明白である。
この要因として考えられることは、

1.現代人はうんこをもらし易い体質になってきている
2.ウンコをもらしたことを公表することに抵抗が薄くなってきている
3.うんこをもらすことに抵抗がなくなってきている

こういった理由が考えられる。

うんこもらしを報告するスレが某巨大掲示板で定期的に立てられる

体感的には2ヶ月おきぐらいにこういったクソスレに遭遇する。

もし、こういうクソスレに遭遇した時には以下の様な書き込みをすることがマナーのようである。(独自研究)

・なんかこのスレ臭うな
・まさにクソスレ
・クソスレたてるなヴォケ
・くせースレだな
・アイツはもう消した!(あのAA付き)

また、まとめサイトなどでは(基本的に)問題ないが、某巨大掲示板の本スレで遭遇した際には拡張子が.jpgや.gif、.pngになっているリンクは不用意に踏まないようにしよう。
理由は言わずもがな。
そういう趣味があれば別であるが。

便意、それはあるとき突然牙をむく

どういった時に人はうんこをもらすのか。
独自の研究ではあるが、その切迫した状況を示すデータをまとめてみた。

5分以内が圧倒的に多い。
これは、そもそも便意を感じて排便するまでの間に余裕があれば、もらすこともないであろうことの証明ともなる統計である。
驚くべきは30分以上の猶予がある場合でも漏らしたものが8%もいるという事実である。
この長い時間の中にはかなりの葛藤があったであろうことは想像に難くない。

圧倒的に多いのが職場である。
上司の機嫌やその日の膨大な仕事、前日の接待での疲れなどが相互に影響しあってバッドコンディションを生み出す可能性がかいま見える。
しかしながら忘れてはいけないのは自宅で漏らしたというデータである。
自宅で漏らした場合には、精神的ダメージも少なく、また、すぐさま処理できるために、スレ立てしてまで報告するようなことでもない。
実際には自宅で漏らしたという声は、社会に届いていない可能性が高いのである。
したがって、潜在的には最も多いのではないのかと考えられる。

うんこもらした話

明日は我が身。
先人たちがこの窮地をどうやって乗り越えたのか。
いつ訪れるかわからない便意に適切に対応するためにケーススタディとして学習しておくべきである。

1 2





in-bloomさん

しがないバンドマンです。
会社勤めしながら活動しています。