1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Oneonone0730さん

「ゆるく、楽しく、ストレスフリーな毎日」を手に入れよう。

「ゆるい」と「サボる」は違う

ダラダラとサボることはその場に停滞すること。「ゆるい生き方」とは、ゆっくり構えながらも目的地に向かって確実に前進すること。

仕事については徹底してスピード化や効率化を考え、最短距離でゴールを目指す。

プライベートではしっかりとゆるさを保つ。仕事時の考え方に染まることなく、考え方のスイッチを切り替える。

PART1 思考編

仕事上の問題は「正しいか/正しくないか」で判断する。

プライベートの問題は「楽しいか/楽しくないか」で判断する。

プライベートに論理を持ち込まない。

論理性や合理性を考えすぎると、他者に寛容でいられなくなる。

物事に白黒つけない

なんでも白黒つけようとする生き方は精神的に疲れるし、周囲の人も疲れる。グレーゾーンの存在を認め、そのグラデーションを楽しむくらいの気持ちで物事にあたる。

ドロップオフのリストをつくる

ゆるい生き方を選ぶにはそれなりの覚悟が必要。多くの欲望をドロップオフすることによって自由を得ている。

何事も60点主義で考える。

友人やパートナーなど、プライベートを一緒に過ごす相手に完璧主義を求めるのはやめよう。

ストイックな完璧主義は疲れる

自分を追い込んでストイックに生きていると、ピリピリした緊張感は周囲の人にも伝染する。家族や仲間が望んでいるのはもっとリラックスした空気。

人生を競争しない。

人生に競争はない。自分のペースで生きていこう。

物事の「閾値」を下げる。

普段からなるべく自分の閾値を下げる意識を持つ。他者に対するハードルを下げ、ある程度のレベルをクリアしてくれたらそれで十分だとおもえるようにしておく。そうすると、相手が期待以上のサービスを提供してくれた時には、大きく喜んで感謝することができる。

贅沢品のために働かない。

無理して贅沢品を手に入れることは、決して生活の質を高めることにはつながらない。

ムダを削ってシンプルに生きる

身の回りをシンプルにしていけば、それだけ悩む場面も減って、考え方も行動もシンプルになっていく。

「広く浅く」の付き合いはしない

プライベートは本当に気の合う仲間とだけ付き合うようにしないと、疲れる

知ったかぶりをしない

知ったかぶりをすることは「教えてもらうチャンスを逃す」といういこと

物事を素直に聞けることは知識以上のものを得るための重要なスキル

ゆるくてハッピーな生活は健康という基盤があってこそ成り立つもの

PART2 環境編

目的もなく海に行く

ストレスの多い人はたまには行ってみよう

ゆるい生き方を考えるにあたって、睡眠は欠かすことのできない要素。

睡眠をきちんととっておけば大抵のストレスは解消される

トレンドに翻弄されない

トレンドに左右されるということは、他人に左右されるということ。結局、自分の軸が定まってない

満員電車を避ける

これから一日が始まるという大切な時間を満員電車で過ごすことは、マイナスの影響しかない行為

1 2