1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

ブロッコリーにはカラダの代謝機能をリセットし、血中の脂肪酸を減らしてくれるグルコラファニンが豊富に含まれているといいます。

このグルコラファニンは、肥満、糖尿病、心臓循環系の病気やガンも予防する効果があるそうです。特に“ Beneforte”Rbroccoli”と呼ばれるスーパーブロッコリーには普通のブロッコリーより2倍から3倍のグルコラファニンが含まれているとか。

この調査はブロッコリーに含まれるこの物質が人の健康にポジティブに影響することを初めて証明したもの。

腎臓の機能が慢性的に低下し続けることで、腎不全や脳卒中などの心血管疾患となるリスクが高い慢性腎臓病(CKD)。日本では成人の8人に1人とされ、食事のコントロールが欠かせない疾患だ。特に年末年始は塩分やカリウム、リンを多く含むごちそうを食べる機会が多いだけに注意が必要だ。

01. スイカ
日中長く太陽にさらされたとき脱水症状を防ぐのにスイカは最適です。その名の通り、スイカ(watermelon)は90パーセントが水分でできています。また、抗がん作用のあるリコピンが生のトマトよりも多く含まれているにも関わらず、100gあたりたったの37kcal。夏のフルーツとしてスイカをかじらないテはありません。

1 2