1. まとめトップ

SONYスマートフォン「Xperia go」「Xperia acro S」情報~海外用エクスぺリア~

2012年代3四半期(7~9月)に海外市場で発売する予定。『Xperia™ go(エクスぺリアゴー)』と『Xperia™ acro S(エクスぺリアアクロ)』の機能・口コミ情報

更新日: 2013年02月21日

6 お気に入り 3883 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

dpartyさん

プレスリリース英文(原文)はこちらへ
http://www.sonymobile.com/cws/corporate/press/pressreleases/latestnews

未発売機種や発売から間もない機種については、仕様や主な機能の紹介および、各種掲示板やTwitterでの反応まとめがメインとなっています。機種の不具合情報・購入者の口コミ情報や、オススメのカバー等の情報は随時追記します。

Sony Mobile Communicationsが5月30日、新型Xperiaシリーズ「Xperia go」と「Xperia acro S」を発表した。

2012年代3四半期(7~9月)に海外市場で発売する予定。2モデルとも防水・防塵性能を備えており、ディスプレイ、本体サイズ、カメラ機能などが異なる。通信はXperia goがHSPAやGSM、Xperia acro SがHSPA+やGSMなどをサポートし、LTEには対応しない。

Sony Mobile、海外市場向け防水スマホ「Xperia go」「Xperia acro S」を発表

Sony Mobile Communicationsが、防水・防塵性能を備えたAndroidスマートフォン「Xperia go」と「Xperia acro S」を海外市場向で7月以降に発売する。acro Sは日本の「Xperia acro HD」がベースとなっている。

「Xperia go」と「Xperia acro S」の仕様

Xperia goは60.3(幅)×111(高さ)×9.8(厚さ)ミリ/110グラムのボディに3.5インチ(320×480ピクセル)液晶を備える。本体色はBlack、White、Yellowの3色。OSはAndroid 2.3だが、Android 4.0へのアップデートを予定している。IPX7の防水、IP6Xの防塵性能をサポートしている。CPUは1GHzのデュアルコア、カメラは5メガピクセルのものを備える。メモリはROMが8Gバイト、RAMが512Mバイト、バッテリー容量は1305mAh。なお、Xperia goは米国市場では「Xperia advance」という商品名で販売される予定だ。

Xperia acro Sは66(幅)×126(高さ)×11.9(厚さ)ミリ

147グラムのボディに4.3インチ(720×1280ピクセル)液晶を備えたハイエンドなモデル。日本で発売された「Xperia acro HD」がベースとなっているが、FeliCa/ワンセグ/赤外線は省かれており、NFCを搭載している。IPX5/7の防水を継承するほか、IP5Xの防塵性能に新たに対応している。本体色はBlack、White、Pinkの3色。OSは当初からAndroid 4.0を採用している。CPUは1.5GHzのデュアルコア、カメラは12.1メガピクセルのものを搭載。

■Xperia go と Xperia acro S(エクスぺリアアクロ)の口コミ情報 他

RT @vorbiser: Xperia acro HDのスペックでLTE対応版出してくれればいいのに… Xperia SとSX 合わせたやつだしてくれ [TWNv1330]

■エクスぺリア関連まとめ&リンク

■Androidスマートフォン関連まとめ&リンク集

1