1. まとめトップ

お部屋にパワースポットをつくる(サンキャッチャー編)

みなさん!お部屋にパワースポットをつくってみよう。

更新日: 2013年01月07日

66 お気に入り 14636 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

bunobuさん

サンキャッチャーとは

「レインボーメーカー(Rainbow Maker)」とも呼ばれ、
太陽の光をお部屋に運びこむ、光のアクセサリー。
風水的にも太陽の気を集めるということで、
サンキャッチャーは開運アイテムだそうです♪

サンキャッチャーの起源

北米大陸の南西部に住んでいたネイティブ・アメリカンが初めて作ったという説や、冬季の日照時間が少ない北欧で、少しでも太陽の光を部屋の中に取り込もうとして作られたという説などがある。

サンキャッチャーに光があたると

透明感あふれるクリスタルガラスを透して、キラキラと輝く美しい小さな虹を作り出してくれます。
窓とカーテンの間にサンキャッチャーを飾っていただくのがおススメ

サンキャッチャーの原理は

サンキャッチャーはプリズムの原理で虹をつくっています。
(白色の光が波長ごとに分散して虹色になります)

サンキャッチャーの効果

虹の光を見ている時、きっと人はネガティブな事を考える事すらも難しくなると思います。虹というのはそういうエネルギーを持つのです。

サンキャッチャーを活用すると、空間のエネルギーは良い状態にチューニングされるのです。本当に吊しておくだけで、かなり空間のエネルギーを綺麗にしてくれるのです。

たくさん吊るすとよいみたい。

配置するのにおすすめの場所

玄関、リビング、お風呂、トイレ、水回り、ベッドルーム

サンキャッチャーの作り方

【材料】
1 40mmベルトップ型 1個

2 つぶし玉 9個

3 10mmソロバン型(クリア) 1個
(上記がなければスワロフスキー10mm クリスタル・スワロフスキー10mm クリスタル・スワロフスキー10mmもありました。)

4 8mmラウンド型(クリア) 4個

5 6mmソロバン型(タンザナイト) 11個

6 4mmソロバン型(アメジスト)) 11個

7 テグス 1mくらい

8 リング(なくても可) 1個

ビーズとビーズの間のテグスだけの部分は5cm開けています。
つぶし玉→4mm→6mm→8mm→6mm→4mm→つぶし玉
というように、ビーズとビーズをつぶし玉で挟みます。
つぶし玉はラジオペンチでギュッとつぶすと固定されます。

1