1. まとめトップ
  2. 雑学

こんなのまである!! 役所のちょっと変わった部署名

都道府県庁、区市町村役所の珍しい部署名を集めました。

更新日: 2012年06月08日

25 お気に入り 72785 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

route508さん

●市民の声を聞く課(北海道札幌市)

市政に関することや日常生活の困りごとなどについて専門の相談員がアドバイスをします。

●りんご課(青森県弘前市)

りんごの生産振興、販売対策などを行なっています。。

●みとの魅力発信課(茨城県水戸市)

その名の通り、水戸市の魅力をアピールする部署。
市長の肝いりで広報広聴課から名称を変更したそうです。

●市民の声を聞く課(千葉県船橋市)

市政に対するご要望やご提案の受付や、市民意識調査・市政モニター調査、市民法律相談および市民生活相談等を行っています。

●すぐやる課(千葉県松戸市)

スズメ蜂の駆除など「急いで対処する必要があるものは早急に実行する」という行動指標を部署名に冠したもの。
当時市長を務めていたマツモトキヨシ創業者の松本清氏による発案。
この試みが大いに受けて全国各地で同名の部署が300以上作られた。

●広報すぐきく課(千葉県習志野市)

市民の声を迅速に聞き、情報発信する部署として命名とのこと。
ネーミングは松戸市への対抗心でしょうか。

●富士山課(山梨県富士吉田市)

富士山に関する業務。
登山に関する情報提供、イベントの推進、ライブカメラの設置などを行なっています。

●農業・お茶がんばる係(静岡県島田市)

特産であるお茶の生産振興とお茶の博物館の支援。

●うめ課(和歌山県日高郡みなべ町)

梅の生産量が日本一の町です。
梅専門の研究センターや資料館を運営しています。

●有田みかん課(和歌山県有田市)

特産のみかん栽培を支援する部署です。

1 2 3