1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

米銃器メーカーのコルト・ディフェンス(株式非公開)は15日までに米連邦破産法11条の適用を申請する計画だ。関係筋が明らかにした。同社は事業遂行上の問題や重い債務負担から苦境に陥っている。

 この筋によると、コルトは既存のシニア債権者からの借り入れを確保しており、再建手続きの間から終了後も事業を継続する予定だ。

 コネティカット州ウェストハートフォードを本拠とするコルトは、1990年代終盤から2000年代初めには米軍向けの「M4」シリーズの唯一のサプライヤーとして高収益を得ていた。だがその後は納期の遅れ、ライフル販売の減速、13年に米軍へのM4供給契約を失ったことなどが響き、苦戦を強いられている。当局への報告書によると、会計問題から数年分の財務報告書を修正・再表示したほか、債権者への年次報告書の提出が期限に間に合わなかったこともある。

 コルトの計画に詳しい筋によると、同社は裁判所が監督する事業競売を通じて負債3億5500万ドル(約438億円)を圧縮し、返済資金の調達を図る。コルトは仮の買い手として応札を主導するストーキングホースに、同社の株主であるサイエンス・マネジメントを起用した。

 資金繰りに窮したコ

引用元: 銃器のコルト、15日までに破産法適用申請=関係筋 - WSJ.

究極の艦砲と言える「レールガン」(電磁加速砲)技術に関する一連の地上実験を完了した。次はいよいよ、このレールガンを、スピアヘッド級高速輸送船「USNSミリノケット」(JHSV-3)に搭載して、海上で実験を行うことになる。

関連記事:米海軍が実験成功した『レールガン』とは

米海軍は数多くの高エネルギー兵器について実験を続けており、レールガンはそのひとつに過ぎない。海上実験の第1号となるのはレーザー兵器システム「LaWS」(日本語版記事)で、今夏の後半に「USS Ponce」に搭載される予定だと、米海軍研究局は4月8日(米国時間)に述べている。

LaWSは、近距離にある無人機や小型船舶などを攻撃対象とした、比較的低出力の指向性エネルギー兵器だ。一方、現在はヴァージニア州のダルグレン海軍海上戦センターで実験が行われている電磁レールガンは、マッハ7を上回る速度で弾丸を発射する能力があり、射程距離も160kmを超えるとされる。約10kgの弾丸がマッハ7の速度で飛んだ場合のエネルギーは32メガジュ

地対空ミサイルをレーザーで防ぐ、アメリカ海軍が艦艇にレーザー砲を装備 他

http://matome.naver.jp/odai/2136595073950711201

【モスクワ共同】旧ソ連の銃器設計者で自動小銃AK47の生みの親であるミハイル・カラシニコフ氏が23日、ロシア中部ウドムルト共和国イジェフスク市で死去した。94歳だった。同共和国大統領報道部が発表した。胃の出血のため11月中旬から同市で入院していた。死因は公表 ...
カラシニコフ銃の設計者、ミハイル・カラシニコフ氏が死去

トルコ国防省は9月、中国企業の「紅旗-9(HQ-9」の輸出型FD-2000が、同国の長距離地対空ミサイルシステムの入札を勝ち取ったと発表した。これには欧米の武器商人が大騒ぎしただけでなく、波紋は西側の政界や軍事、科学技術界にまで広がった。入札には、米国のパトリオットやロシアのS-300、フランスとイタリアが共同生産したアスターなども参加していた。

トルコの入札で負けたことがよほど屈辱だったらしく、欧米の武器商人たちは中国が米国のミサイル技術を盗んだ、「紅旗」はロシアのS-300の模倣品だ、などと攻撃し始めた。だが、「紅旗」の100%の命中率や独自の技術を公開した後は、攻撃者たちはこちらが反撃しなくても自ら自滅した。

1 2 3

関連まとめ