1. まとめトップ

ゲーム企画書の書き方

ゲーム企画書の書き方についてまとめました。

更新日: 2012年06月07日

89 お気に入り 174528 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■ゲーム企画書とは

「完成するとこういうゲームになります」ということを説明する為の資料

“ゲームの開発スタッフ以外の人に、ゲームの内容を説明するときなどにも使われます
“企画書には、パラメータの細部にいたるまで書くような必要はありません

■企画書をつくる訳

それが売れば利益に繋がるかどうかの査定を行う

“利益を考えてゲームを作らなければ、会社は倒産してしまいます。
“企画書の内容が本当に売れるのかどうかきっちりしていなければ誰がお金を出してくれるでしょうか

■内容以前に必要なこと

読む相手の事を考えて書かれているかどうか

“よく出来た内容でも、細かい字でビッシリだとウケが悪い。
“読んでくれよ!出来がいいんだから!ってのはやはり、読む人の気持ちがわかってない。

■ゲーム企画書に必要な項目

■良い企画書を書くコツ

熟読を期待しない

“熟読しなくては理解が難しい企画書というのは、読む相手の状況に左右されやすいリスクが付きまとう
“チラッと見る程度でも「売り」が伝わるように

そのおもしろさがきちんと相手に伝わること

“いくら内容が面白くても、相手にそれが伝わらなければ意味がありません。
“提出用の企画書は、その場で自分が説明してフォローすることができません
“「その企画書を読んだだけで、ちゃんと相手にこちらの意図が伝わる」ものであること
“「図で説明したほうが分かり易いところは、図を入れる」
“「重要な個所は大きな文字で見出しにして、全体にメリハリを付ける」

ゲームの面白さを説明するより、
面白がってる所の例を出した方が早い

“良いアイデアを言っておいて、実例を示したりアピールを盛り込まず放置。なんて勿体ない。
“これを実現するためには、頭の中にある想像上のゲームが実際にプレイできるまでに完成していることが条件になると思います。

■駄目な企画書にありがちなこと

斬新だけど楽しくない企画

“ただ「今までに無かった」企画であればいいわけではありません。

知らない固有名詞がたくさん出てくる

“それを読む「自分以外の人」のことを考えて書くことができない人に、世界中のゲームファン向けのゲームが作れるとは思えません。

企画書の段階では固有名詞を一切使用しない人も。

だらだらと長い

“相手が読む気を無くすような、だらだらと長いものは禁物です。

枚数については色々な意見がありましたが
3~5枚が最適とされていました。
また、長くても10ページ以内にまとめる事も
共通していました。

無駄を省き、必要な事をきちんと盛り込み
可能な限り少ない枚数にすることが重要なようです。

読んでもらう人の負担を少なくする事が
最も大切な要件だと思います。

■ネットで見れる実際作られたゲームの企画書

俺の屍を越えてゆけ等を手がけた桝田省治氏による企画書。
コラム掲載時は2005年6月。企画書が書かれたのは更に8年前。
実際にゲーム化されたのは2008年12月。

画像は一切含まれず文字だけですが
どんなゲームなのか容易に想像できます。
およそ10年経っても受け入れられるすごい企画書です。

更に自著の「ゲームデザイン脳」に
どうやって着想に至ったのか書かれています。

■参考ページ

1 2





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1