1. まとめトップ
  2. 雑学
640 お気に入り 63765 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sunafu35さん

読みたい本を見つける

これは非常に重要なステップで、この読みたいと思える本を見つけられるかどうかということが、「本を読む人」と「読まない人」を分けているのではないかという気がします。

楽しむための本なら、出版社の賞を参考にしてもいいですし、話題になっている本を探してもいいと思います。

知識を拡大するための本なら、Twitterで気になる人の読んでいる本の情報が入ったりもしますし、ブログを持っている人は、多くブクログやメディアマーカーで既読書の管理をされていたりします。そういったリストを参考にすると読んでおこうという本は意外と多く見つかるものです。

経験上、最初から3割くらいまで読んで興味を持てなかった本が最後まで読んで面白いということは、まずありません。

じっくり読まなくてもいい

1冊をじっくりと読むのは、初心者ほどお薦めしません。なぜなら、たくさんの本を読み、数をこなさないと、本に“ひきずられて”しまうからです。

思い立ったら数頁、数十ページと読んで、幾日か措いて、再読したり進んだりしている。

特にこの本で薦めているのは、ジャンルとしてはノンフィクションですから、じっくり読まなくても大丈夫なのです。フィクションのほうが、最初から順番にきちんと読まないといけないので書評者泣かせですよ。

自分が何を求めているかによって、読み方も変えていきます。

フィクションを楽しむのなら自ずと時間はかかりますが、知識拡充、情報収集なら、まずは要点だけを探しだせるようにするべきです。そして、数をこなせるようにします。

アウトプットする

「気づきを自分の言葉でメモを取る」ということと、「自分がこれから行動や考え方をどう変えるか(アクション)を書いてしまう」の二つがコツです。

書き留めなかったものは、多くの場合、忘れ去られます。

Twitterを薦めるのは、ためずに出す、まず出す習慣を付けることが大事だと思うからです。本棚も脳も、実はため込んでしまうと有効活用ができない。少し出すことによって、スムーズに必要なものが取り出せるようになるんです。

すぐに行うことが出来るのは、メモをとることですね。
少し慣れが必要ですが、後から見なおしたり、インデックスも兼ねようと思えば、Twitterや、1行日記アプリを活用するのが有効です。

数!数!数!

それよりひとつだけ勧めたいのは、速読したいのなら何冊もほぼ同時に読むことなのである。

多読でスキルアップするなら、数十冊の無駄本で諦めてはダメです。自分にとって猛烈に役立つ本なんて、僕の場合でも選んで買って100冊に1冊ですよ。

読書もそれと似ていて、自分が今興味のあることや好きなこと、
それに関連する本を読むのがかなり効率的です。

新書が300冊入る本棚を買いなさい、そしてリアル書店に行き、選ばず、適当に数十冊単位でゴソッと『大人買い』をしなさい

これは極論に感じますが、知識を得るために本を読むなら、どれか一冊だけを読んで身につけたいと思っても難しいかと思います。そんな一冊を探しだすための時間で何冊の本が読めるでしょう。

時間の確保

読書時間は短くてもいいと考えるようにしましょう。

通勤時間は平均で1日1時間から2時間だといわれていますが、それをオーディオブックにあてれば、電車のなかでも、車のなかでも、歩いているときでも本を「読む」ことができるというのです。

あえて時間を作らなくても、通勤・通学の移動時間に何もしていないならすぐ読書時間にできます。

かなり効果が高いのは「テレビを見る時間を減らす」だと思います。あとムダなネットサーフィン。

自分を成長させたいと思ったら。
テレビの情報は必要なのか?ネットを見る時に、何を見ているのか?
まずは取捨選択です。

読みたい本を探すまとめも作ってます

1





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1