1. まとめトップ

性欲の抑えが利かなくなる職業?増え続ける警察官によるわいせつ事件簿(12/26)

最近警察官の名を見るのはこのようなワイセツ事件ばかりです。もちろん立派な警官には私も何人も会っています。しかし‥ワイセツ事件を起こしやすい体質になっているのは間違ありません。今回取上げたのは12年3月以降に起きたものですが、それにしても多い。

更新日: 2017年01月13日

egawomsieteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
7 お気に入り 215305 view
お気に入り追加

■部下の20代女性巡査の胸わしづかみ、7カ月に数十回…巡査部長を書類送検へ 兵庫県警

勤務中に部下の20代の女性巡査の胸をわしづかみにしたとして、兵庫県警が来年1月に加古川署の男性巡査部長(33)を強制わいせつ容疑で書類送検する方針を固めたことが26日、捜査関係者への取材で分かった。県警は同日、巡査部長を停職3カ月の懲戒処分にした。

 捜査関係者によると、巡査部長は今年7月21日、署内の会議室で部下の巡査と2人きりになった際、服の上から巡査の胸を左手でわしづかみにした疑いが持たれている。

 巡査部長は2月から約7カ月間、署内や交番などで数十回にわたり巡査の胸や尻を触るセクハラを繰り返していたが、巡査は当初、巡査部長から仕事を教えてもらっていることを理由に被害を申告しなかった。

 同僚の女性警察官が9月末、巡査にセクハラを受けていないか確認し、被害が発覚。巡査部長は県警の調べに、「行動を共にするうちに異性としての魅力を感じるようになり、行為がエスカレートした」と説明しているという。

■ストーカー警部 不倫相手の郵便物盗む…懲戒処分、依願退職

大阪府警は7日、不倫相手の40代女性を尾行したり、郵便物を一時的に盗んだりしたとして、西淀川署警備課長の男性警部(51)を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分とした。警部は同日付で依願退職した。

 府警によると、9~10月には勤務を30分ほど抜け出し、女性のマンションを訪問。当直責任者を務めていた際に訪れたこともあった。部屋には行かず、様子を確認していたという。署員が「課長が時々いない」と副署長に相談し、発覚した。

■女性に性的要求の巡査懲戒 福岡県警、公表せず

福岡県警博多署に勤務する20代の男性巡査が、知人の女性に繰り返し性的な要求をしたとして、懲戒処分を受けていたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。県警は、警察庁の発表の基準を満たしていないとして、処分を公表していない。捜査関係者によると、巡査は17日付で依願退職した。

 女性から県警に相談があり、発覚。元巡査は内部調査に行為を認めた。女性が事件化を望まず被害届を出さなかったことなどから、立件を見送った。

■盗撮の警部補「性的興奮を得るため60回以上やった」

兵庫県警は4日、電車内で女性を盗撮しようとしたとして、県迷惑防止条例違反容疑で現行犯逮捕した県警捜査2課の男性警部補(43)を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分とした。警部補は同日付で依願退職。県警によると「性的興奮を得るために、5、6月以降に60回以上盗撮した」と供述している。

 県警は10月20日、通勤中の山陽電鉄の車内で、女性会社員のスカート内にペン型カメラを向けたとして現行犯逮捕。カメラから盗撮した動画を見つけた。

 県警は自宅を家宅捜索し、USBメモリーやパソコンを押収。盗撮したとみられる約140の画像のデータを見つけた。犯行日時や被害者が特定できず立件は見送った。

 県警の河本博幸監察官室長は「警察官としてあるまじき行為。再発防止に努める」とコメントした。

■スカート内盗撮で懲戒処分 京都府警の巡査部長

京都府警は16日までに、女性のスカート内を盗撮したとして、東山署警務課の男性巡査部長(43)を減給100分の10(6カ月)の懲戒処分にした。処分は15日付。巡査部長は同日、依願退職した。

 府警によると、巡査部長は同署地域課に所属していた7月20日、京都市山科区の駅のエスカレーターで、女性のスカート内を動画撮影したとして府迷惑行為防止条例違反の疑いで現行犯逮捕され、罰金30万円の略式命令を受けていた。

■スカートめくり尻触る 大阪府警巡査を容疑で再逮捕 「軽い気持ちで…」

路上で女性のスカートをめくり尻を触ったとして、大阪府警は3日、強制わいせつ容疑で、大阪府警南署巡査、孫野裕平被告(24)=大阪府枚方市磯島茶屋町、別の強制わいせつ罪で起訴=を再逮捕した。

 「軽い気持ちでスカートをめくったが、尻は触っていない」などと、容疑を一部否認している。

 再逮捕容疑は、6月9日午前0時半ごろ、枚方市岡東町の路上で、歩いていた府内に住む10代後半の女性に背後から近づき、スカートをめくって尻を触るなどしたとしている。防犯カメラの映像から関与が浮上した。

 孫野容疑者は、同市内の路上で8月24日未明、背後から20代女性の口をふさいで尻をつかむなどしたとして逮捕、起訴された。府警監察室の高木久室長は「誠に申し訳ない。捜査結果をふまえて厳正な処分を行う」とコメントした。

■パチンコ店員のスカート内を22回盗撮 容疑の巡査長を書類送検 兵庫県警

神戸市のパチンコ店で女性従業員3人を計22回にわたり盗撮したなどとして、兵庫県警は2日、県迷惑防止条例違反などの疑いで、南あわじ署地域課の男性巡査長(26)を書類送検した。県警は同日、巡査長を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分とした。

送検容疑は、今年2~3月、神戸市のパチンコ店で、いずれも20代の女性従業員3人のスカート内に、かばんに隠したスマートフォンを差し入れ、計22回にわたり動画を盗撮するなどしたとしている。

 県警によると、巡査長は6月、同店で女性従業員に付きまとうなどしたため、店側が警察に通報した。

 巡査長は今月2日付で依願退職。調べに「大学時代から盗撮動画に興味があった。インターネット上の動画に飽き足らず、性的欲求を満たすためにやった」と供述しているという。

 県警の河本博幸監察官室長は「警察官としてあるまじき行為。再発防止に努める」とのコメントを出した。

■エスカレーターで警視庁警官が盗撮 新宿区

駅のエスカレーターで女性のスカート内をスマートフォンで盗撮したとして、警視庁の警察官が逮捕された。

 都の迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されたのは、警視庁・大井警察署地域課に所属する20代の男性巡査部長。捜査関係者によると、巡査部長は26日夕方、新宿区の都営新宿線曙橋駅のエスカレーターで、20代女性のスカート内をスマートフォンで盗撮した疑いが持たれている。

 女性が盗撮に気付き、駅員によって取り押さえられたということで、調べに対し巡査部長は容疑を認めている。当日、巡査部長は非番で、同僚らと酒を飲んだ帰りだったという。

■女性のズボンを脱がそうとした福岡県警の巡査長免職 女性盗撮容疑で追送検

福岡県警は4日、歩いていた女性の背後から近づきズボンを脱がそうとしたとして、強制わいせつ未遂容疑で7月に逮捕した久留米署の巡査長(25)を懲戒免職にした。

 県警は、他に女性のスカート内に携帯電話を差し入れるなど18件の盗撮行為を確認し、4日までに一部を県迷惑行為防止条例違反(常習)容疑で追送検。福岡地検久留米支部が同罪で起訴した。

 県警によると、盗撮について「アダルト動画を見て自分でもやってみたいと思った」と供述。4~6月、福岡県久留米市や佐賀県鳥栖市の路上などで、女性のスカート内を盗撮したという。いずれも仕事は休みだった。

■わいせつ容疑で警官逮捕=女性に抱き付く-鹿児島県警

20代の女性に抱き付いたとして、鹿児島県警は27日、強制わいせつ未遂容疑で鹿屋署の交通課巡査部長福島洋一容疑者(38)=鹿屋市今坂町=を逮捕した。容疑を認めているという。
 逮捕容疑は16日午前0時10分ごろ、鹿屋市内のマンション出入り口付近で、公務員の女性に背後から数秒間抱き付いた疑い。
 監察課によると、福島容疑者は市内の飲み屋街で女性を見かけ尾行。抱き付いたが抵抗され、逃走した。女性と面識はなかったという。

■強制わいせつ傷害 愛知の元巡査に有罪判決

強制わいせつの罪に問われた愛知県警の元警察官に、執行猶予判決です。

 愛知県警北警察署元巡査の小川裕気被告(23)は、ことし1月、愛知県内で20代の女性に対し、わいせつな行為をした上、ケガをさせたとして、強制わいせつ傷害などの罪に問われています。

 名古屋地裁は21日、「常習性は認められず示談も成立している」として、小川被告に懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を言い渡しました。

■「周囲笑わせようと…」居酒屋の女性従業員の尻たたく 滋賀県警巡査部長を暴行容疑で書類送検

居酒屋の女性従業員の尻をたたいたとして、滋賀県警の警察署に勤務する30代の男性巡査部長が、減給100分の10(1カ月)の懲戒処分を受けていたことが県警への取材で分かった。

 6月23日付。県警は同日、暴行容疑で大津地検に書類送検した。

県警監察官室によると、巡査部長は4月初めごろ、大津市内の居酒屋で開かれた職場の懇親会で、20代の女性従業員の尻を数回たたいたとされる。女性にけがはなかった。懇親会の終了後、店側が署に連絡。後日、女性は県警監察官室に被害届を出した。

 巡査部長は当時酔っており、「悪ふざけのつもりで、周囲を笑わせようとしてやってしまった。女性の心に深く傷を負わせたことを深く反省している」と話しているという。

 監察官室の上内保室長は「このような事案が発生し誠に遺憾。職務倫理を徹底し、再発防止に努める」とのコメントを出した。

■盗撮未遂 徳島県警警部補を逮捕

徳島県警の警部補の男が、大型商業施設で小学6年の女子児童のスカートの中を盗撮しようとしたとして逮捕されました。

 県の迷惑行為防止条例違反の疑いで逮捕されたのは、徳島県警本部の会計課係長で警部補の林成行容疑者(36)です。
 
 警察によりますと林容疑者は8日午後5時すぎ、藍住町にあるショッピングモールの食品売り場で、小型カメラを仕込んだビジネスバッグを小学6年の女子児童(12)のスカートの中に近づけ、盗撮しようとしたところ、目撃していた保安員に110番通報されたということです。

 取り調べに対し林容疑者は容疑を認め、「以前にも数回同様の手口で盗撮を繰り返した」と供述しているということです。

 徳島県警本部は「職員に職務倫理の徹底を図り、県民の信頼回復に努めたい」とコメントしています。

■17歳少女の服を脱がせようとした疑い、警察官逮捕

福岡県警の25歳の巡査長の男が、久留米市の路上で17歳の少女の服を脱がせようとしたとして逮捕されました。

 逮捕されたのは久留米警察署・地域第一課に所属する巡査長・北嶋潤容疑者(25)です。北嶋容疑者は今年4月、久留米市の路上で歩行者の17歳の少女に背後から近づき、いきなりズボンや上着を脱がそうとした疑いがもたれています。

 警察が久留米市内で起きた別の盗撮事件を捜査するなかで北嶋容疑者が浮上し、任意で事情を聴いていたところ本件についての犯行を認めたということです。警察が動機や余罪について詳しく調べています。

1 2 3 4 5 ... 18 19




このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

時事系のメルマガを08年から配信しています(平日刊)。他に競馬(週3回)とマーケティング(サービス、お客)関連(週1)のメルマガも。他では自閉症の息子関連ブログなど

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう