出典 shouyouさんがアップロード

裸の山神
四国大月町の古満目港は夏の夕日に照り映えて、浦尻町に断ち切られた周辺の雑木林ではヒグラシの合唱が始まっていた。
川の対岸の平地帯で棚田の水加減を見て回っていた常太郎さんは、小学校の上部、山すそのわが家へ帰ってきた。
庭の筧(かけい)のチョロチョロした水で手足を洗っていると、湧き水の上のウバメガバシのやぶ影からピョンピョンとウサギのように飛び歩く小さな獣が庭へ出てきた。

この情報が含まれているまとめはこちら

実は近年まで生きていた!? 絶滅動物ニホンオオカミ!

日本の絶滅動物で有名な「ニホンオオカミ」が実は生きていた!!2002年に目撃された珍獣がニホンオオカミだった疑惑が!!伝説のニホンオオカミに魅了されたとある男の思い出話。

このまとめを見る