1. まとめトップ

余裕しゃくしゃくの仕事ぶりと人気はなぜ?とんねるず石橋貴明さん・木梨憲武さん

30年以上も第一線で張るとんねるずは若い芸人の憧れの的(もちろん私も大ファンです)。そんな彼らも今のレギュラーは「みなさんのおかげした」のみ。それでも余裕で入られるという理由はやはりこれまで培った実績でした。

更新日: 2018年02月16日

124 お気に入り 2328343 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

石橋貴明、ナイナイ岡村ANN生出演へ

お笑いコンビ・とんねるずの石橋貴明が、3月1日深夜放送のラジオ番組『岡村隆史のオールナイトニッポン(ANN)』(ニッポン放送 毎週木曜 深1:00)に生出演する予定であることがわかった。15日深夜放送の同番組内で発表された。

出演“予定”となっているのは、石橋が直前まで別現場での収録を行っているためで、収録が終わり次第、東京・有楽町のニッポン放送のスタジオへと駆けつける見込み。出演が実現すれば、岡村のラジオに出演するのは2008年10月に矢島美容室として『ナインティナインのオールナイトニッポン』に乱入して以来、9年5ヶ月ぶりで、14年10月に岡村単独でのANNになってからは初となる。

 50年にわたるANNの歴史の中では最長となる24年もの間パーソナリティーを担当している岡村だが、リスナーとして最も熱心に聞いていたのが『とんねるずのオールナイトニッポン』。番組にネタはがきを投稿していたのは、ファンの間でも有名なエピソードとなっているが、岡村がコンビとしてANNをスタートさせた際に意識していたのも“とんねるず”だったと言うほど、大きな影響を受けた存在だ。

この日の放送で、岡村は「なんと貴明さんが来てくださるということでございます。しかも生出演。僕は『とんねるずのオールナイトニッポン』をずっと聞いていた人間ですから」と感慨深げの様子。ナイナイ初期の目標についても「西のとんねるずを目指そうって言って、ちょっとしたコンセプトは持っていた」と紹介した上で「もし(冒頭に)間に合わなかったら、僕が(最近始めたコーナーの)タップダンスクイズでつなぎます。来てくれるのかな…」と心待ちにしている様子だった。

 普段はなかなか聞けない“本音”が飛び出すのも深夜ラジオの魅力だが、お笑い界の第一線で活躍する2人がどんなトークを繰り広げるか。実現すれば、濃密な2時間になりそうだ。

■石橋貴明の厳しい指摘でノッチが沈黙「台本通りにしか言わないよね」

とんねるずの石橋貴明が8日、フジテレビ系「とんねるずのみなさんのおかげでした」において、お笑いタレントのノッチを引き合いに「だから、日本のバラエティーはいま、ダメになってる」と強く持論を主張した。

 番組では「とんねるず大反省会」として、若手から中堅タレントが、これまでのとんねるずの仕打ちに苦情を言い立てた。石橋がすぐにノッチのもみあげをバリカンで切るシーンが何度も放映され、ノッチは「あんな意味なく、もみ上げそるのはなんですか!?やってることチンピラじゃないですか!」と苦情をまくし立てた。

石橋は冷静に「ノッチってさ、台本通りにしか言わないんだよね」と指摘。ここでおぎやはぎが台本を確認。「やってることチンピラじゃないですかって書いてある」と認めた。ノッチが何も言い返せない中、石橋が出演者全員に台本を見せ、納得させた。

 石橋は「そういうのは俺らはいやなの。タレントはアドリブ力だと思うのよ。そのまんまでしょ、君たちがやってることは。そういうとこで日本のバラエティー番組はいま、ダメになってるの」と不満をぶちまけた。

■石橋貴明、フジで新番組スタート ミッツ・マングローブと異色タッグ

お笑いコンビ・とんねるずの石橋貴明が、4月より毎週月曜午後11時~11時40分に、フジテレビにて新バラエティー番組(タイトル未定)のMCを務めることがわかった。

同局に石橋が単独で出演するレギュラー番組としては、「第4学区」(2000年4月~9月放送)以来18年ぶり。石橋のサポートを務めるのは、その鋭い視点と豊富な知識、軽妙なトークに定評のあるミッツ・マングローブ。ミッツにとってこれがフジテレビでの初のレギュラー番組となる。

テレビ界の歴史に一時代を築いてきた石橋と、常にクールな目でテレビを見つめるミッツが異色のタッグを結成。2人が、月曜の夜に「大人のノスタルジーを刺激するトーク番組」をコンセプトに、アイドル、テレビ、歌謡曲、漫画、野球、お菓子…など、さまざまなテーマの“ちょっと前の話”について、縦横無尽に語り尽くす。

また、石橋とミッツは、芸能・スポーツなど“日本のちょっと前の話”にはとにかく詳しいという共通点を持っており、その話題に精通したゲストとのトークは熱く、ディープになること間違いなしだ。

「みなおか」後継、坂上忍MCで新番組!石橋MC新番組もスタート予定

3月で終了するフジテレビ系「とんねるずのみなさんのおかげでした」(木曜後9・0)の後番組として、4月からタレント、坂上忍(50)がMCを務める新番組がスタートすることが26日、分かった。関係者によると、女性をターゲットにした番組になるとみられる。

 また、月曜午後11時からは、とんねるずの石橋貴明(56)がMCを務める新番組が同局でスタート予定。現在同枠で放送中の「AI-TV」は、これに伴い、終了する。

■木梨憲武、「みなおか」終了後の「とんねるずの方向性」について言及「新しい話があれば…」

お笑いコンビ「とんねるず」の木梨憲武(55)が26日、NHK総合「あさイチ」(月~金曜・前8時15分)に生出演。3月で終了するフジテレビ系「とんねるずのみなさんのおかげでした」(木曜・後9時)や相方・石橋貴明(56)について語った。

 「みなさんのおかげでした」は前身番組を含め、30年以上の歴史に幕を降ろす。木梨は今後について「新しい話があれば、企画できそうなことがあればやっていくというのが、とんねるずの方向性ですけどね」と説明。石橋とは細かい話を「しないです」としたが、「また新しい、こういうのやろうっつたらやるだろうし」と新番組への意欲も口にした。

石橋とは「(番組が)30年って言いながら、高校1年から16(歳)くらいから一緒だから」とし、「夫婦よりも長いからね。夫婦は20年とか結婚してからだけど」としみじみ。「ネタを作るような時代の時は新宿中央公園行って。稽古場なんかないから、公園でネタの順番確認して、こうしようっつって。帰り際、小田急ホテルセンチュリーに(行って)、石橋貴明さんが就職したんで、先輩いるからお茶半額になるぜって。そういうこと急に思い出した」と懐かしそうに振り返った。

また、視聴者からは昨今のバラエティーに窮屈さを感じないかと質問が寄せられた。木梨は「やり方は変わらないけど、生じゃなければ編集してそこをね。怒られないようにやって頂くのはディレクターだったり、プロデューサーだったりするから。同じようにやっていきたいと思うんですが」と回答。

 しかし過去の歌番組などでは“ハプニング”を期待される面もあったという。「普通に歌わない方が良いんだ。セットに上った方が良いんだとか。そういう風に育ってきちゃったから」と話していた。

■木梨は画家、石橋は人脈を活かし…とんねるず「それぞれの『みなおか』後」!

今年3月いっぱいで唯一のレギュラー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の打ち切りが決まり、去就が注目されているとんねるず。もちろん、3月以降も冠新番組がスタートする可能性や、他の番組へのゲスト出演なども想定されるが、一方では、こんな噂も業界内では囁かれているという。

「2人とも演者としての活動は継続しつつも、石橋さんに関してはテレビ業界内の多岐にわたる人脈を活かしてプロデューサー業にも進出するのではないかと言われています。過去には番組企画として結成した『野猿』が大ブレイクしたこともありました。一方の木梨さんは、多趣味であることに加えて、過去に何度も個展を開くなど画家としての顔も持っていますし、今後はタレント業よりも芸術活動のほうに、さらに力を入れるのではないかと言われています」(バラエティ番組を手掛ける放送作家)

 デビュー以来、30年以上にわたって第一線で活躍し続けて来たとんねるずにとっても、大きな節目となりそうな2018年。今後の動向にいよいよ要注目である。

■木梨憲武が、水谷豊ルートで『相棒』にコネ出演を画策!?「もう友達に寄生するしかない……」

芸能界で生き残れるか、今年は正念場となりそうだ。

 長寿番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が3月末で打ち切りとなったとんねるずが、苦境に立たされている。

「とんねるずは所属事務所の社長を石橋貴明が、副社長を木梨憲武が務めていますが、『みなおか』終了で、それぞれ年間4億円の収入が消える公算です。高額なギャラがネックで、新番組の企画会議で2人を起用しようという局もなく、石橋自らが、事務所の所属タレントで妻の、鈴木保奈美の売り込みをしている状況です」(業界関係者)

 スポーツ特番で存在感を見せる石橋はまだしも、深刻なのが木梨の立ち位置だ。テレビ関係者が言う。

「内輪ネタや的外れなコメントで、視聴者から『つまらない』『冷めた』という声が上がるほど、トークの切れ味がなくなっているのは明白。バラエティでは正直使いづらい。本人もそんな状況を自覚しているのか、4月公開の映画『いぬやしき』で16年ぶりの主演を務めるのを機に、俳優業に活路を見いだそうとしています。

さらに、プライベートで親交の深い水谷豊を通じて、『相棒』(テレビ朝日系)にねじ込んでもらえるよう嘆願しているのだとか。水谷は人がいいので、頼まれたら断れない。なんとか便宜を図ろうとスタッフと掛け合い、『科捜研』や『交通鑑識』の役での調整が行われていると聞きます。今秋に始まる新シリーズ1回目のスペシャル、もしくは映画版で出演する可能性はありそうです」

そして、木梨のもうひとつの財産が、競馬界のスーパースター・武豊との関係だ。2人は親友といえるほど仲が良いとされ、木梨は旅番組の企画で武宅を訪問したこともある。

「武は木梨とのつながりから、『食わず嫌い王決定戦』『男気じゃんけん』をはじめ、たびたび『みなおか』にも出演してきた。ジョッキーとしてではない、武の素顔を引き出せる存在として木梨は貴重です。これまで水谷との旅番組が3回放送されて好評を博していますが、武との番組が作れるのなら、木梨を厚遇するテレビ局はあるかもしれませんね」(同)

 芸能界で生き残るには、もう“W豊”に寄生するしかない?

テレビ界消滅危機が囁かれるとんねるずの高額出演料

お笑い界で栄華を極めた、とんねるずの石橋貴明(56)、木梨憲武(55)が終わりの時を迎えようとしている。唯一の冠番組だった『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が来年3月をもって打ち切りになることが正式発表された。気になる2人の今後だが…。
 「正直、厳しいの一言です。今さら2人を起用して新番組を立ち上げようなんてテレビ局はどこにもありません。あれだけ仲のよかったフジ上層部でさえ、見て見ぬフリをしているんです」(制作会社幹部)

 打ち切りになった衝撃は、他のテレビ局にも波及し始めている。唯一のレギュラー特番だったテレビ朝日の『とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』も制作費の高騰を理由に打ち切りが検討され始めたのだ。
 「この番組が終了すれば、本当に終わりになる。かなりやばい状態に追い込まれています」(芸能事情通)

とんねるずが各テレビ局からここまで敬遠される理由は、高騰し続ける番組制作費。フジでさえも最終的には番組視聴率ではなく、赤字制作費がネックになったと言われているのだ。
 「噂だが、'97年6月から始まった『~みなさんのおかげでした』はこの約30年の間に10億円の累積赤字が計上されたそうです。バラエティー番組なのに1本の制作費は5000万円超え。最近は、石橋のワガママで海外や地方ロケが相次ぎ、7000万円を超えたこともあるらしい」(テレビ関係者)

 加えて、フジがメスを入れたのが出演料だ。今やお笑い界でとんねるずは日本一高額な芸人だそうだ。
 「とんねるずは出演料のほかに企画や構成という名目でもギャラを要求してくる。『~みなさんのおかげでした』は何だかんだで800万円~1000万円近くを請求されていたという話。これが事実なら、他局は絶対に声を掛けない。いや、掛けられませんよ」(放送作家)

 今回の打ち切りで、一気に年間5億円近い収入が消えてしまうとんねるず。
 このままテレビから消えてしまうか?

「とんねるずをやりながら…」木梨憲武が実家の自転車屋を継ぐとアピール

26日放送のラジオ番組「のりたけやま」(TBSラジオ)で、とんねるずの木梨憲武が、実家の自転車屋を継ぐ意志があることを明かした。

一夜限りの特別番組として、木梨とカンニング竹山がフリートークを展開した。その中で、木梨の父親が経営する自転車店「木梨サイクル」の話題になると、木梨は「親父も腰が曲がってヨレヨレしてるんでね、長男としては最終的に継がないといけないしね」と家業を継ぐつもりでいることを話した。

竹山が「今さら継がないでしょ」と、あきれた様子でツッコミを入れたが、木梨は父親の名前である「作三(さくぞう)」を襲名するつもりだと語り、笑いを誘った。

そんな木梨は、18歳の頃から家業を継ぐことを意識し続けているとか。懐疑的な反応を示す竹山に対して、木梨は「とんねるずをやりながら自転車屋をやったって…何がいけないんだ!」と訴える。

竹山が「パンクの修理に行ったら、憲武さんがパンクの修理してくれる場合が、将来あるかもしれないってことですか?」と質問すると、木梨は「こないだやってみた」と即答。しかし「(修理に使う)水が冷たくてもうヤダ」と、早々にギブアップしたことを明かすと、竹山は「ダメだ、この自転車屋」とあきれていた。

木梨が若いスタッフがいるので問題ないと釈明すると、竹山はオーナーであればできるだろうと納得していた。

1 2 3 4 5 ... 35 36





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1