1. まとめトップ

「誰でもよかった」で狙われる恐怖‥日本で増える無差別・通り魔事件

「誰でもいいから殺そうと思った」というあまりにも身勝手すぎる自供する犯行が多い通り魔事件。警察庁によると、11年末までの10年間で、全国の通り魔殺人や殺人未遂事件は67件に上ります。それにしても大阪心斉橋通り魔の全く面識のない男性に対し長い包丁で何度も刺すというのは異常すぎる‥

更新日: 2018年06月12日

7 お気に入り 62585 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

【新幹線3人殺傷】「会社としても誇り」「家族思うと言葉ない」死亡男性の同僚ら

犠牲になった梅田耕太郎さんは温厚な人柄で職場でも慕われる存在だった。

 学生時代の知人や関係者らによると、梅田さんは横浜市出身。神奈川県内の進学校を経て東大工学部を卒業後、大学院に進んでプラズマや半導体などの電気工学分野を研究した。

 就職後は技術職として勤めていたが、平成29年4月に独系化学大手の日本法人「BASFジャパン」(東京)に転職。大阪オフィスを拠点に営業などを担当していた。

 同社は「大変勇敢な行動で、会社としても誇りに思います」とコメント。梅田さんの上司の山本勇さん(48)は「世界に羽ばたきたいという夢を持っていた」と振り返り「人当たりがよく、職場でも仕事先でも慕われていた。信じられない」と声を詰まらせた。

女性をかばい刺されたか 新幹線で刺され男性死亡

9日夜、東海道新幹線の車内で男が刃物で乗客を刺し、男性1人が死亡して女性2人がけがをしました。容疑者の身柄がある小田原警察署前から報告です。

逮捕された22歳の男は現在、小田原署の留置施設で休んでいて、10日午後にも取り調べが再開される方針です。自称、愛知県岡崎市の無職・小島一朗容疑者は9日午後9時45分ごろ、新横浜駅を出発した東海道新幹線の車内で乗客の男性を刃物で切り付けるなどした疑いで現行犯逮捕されました。捜査関係者によりますと、自由席の切符を購入した小島容疑者は、指定席である12号車の通路側の席に座っていて、突然、隣に座っていた女性を刃物で刺したことが分かりました。さらに、止めに入った男性ともみ合いになった際に刺したということです。

また、病院で死亡が確認されたのは兵庫県に住む38歳の男性であることが新たに分かりました。同じ車両に乗っていた女性2人も頭などを切られ、軽傷です。警察は10日も取り調べを行い、事件に至った詳しい理由を調べる方針です。

<札幌女性刺傷>12歳少年、殺人未遂で児相通告

札幌市東区で帰宅途中の女性が背中を刺された事件で、北海道警は26日、同市内の中学1年の少年(12)を殺人未遂の非行内容で保護し、同市児童相談所に通告した。道警によると、少年は「人を傷つけたい気持ちがあった」と話しているという。

 非行内容は、25日午後6時ごろ、同区北43東17の路上で、近くに住む20代の女性の背中を包丁で刺し、1~2カ月の重傷を負わせたとしている。

女性は刺された後、通行人に助けを求め、病院に搬送された。女性の所持品は奪われていなかった。女性は「知らない男に刺された」と話しており、道警は通り魔事件の可能性もあるとみて、捜査していた。

 現場は市営地下鉄東豊線栄町駅近くの大型スーパーや道営住宅が建ち並ぶ住宅街。事件を受け、近隣の中学校は当面、午後4時以降の部活動を中止し、小学校は27日、教員が児童の登下校を見守り、警戒することにしていた。

 現場近くのスーパーの防犯カメラに、歩いて女性の後を追っていた不審者の映像があり、少年の姿と似ていたことから道警が事情を聴いた。少年の自宅から刃物が入っていたケースが見つかったという。

札幌・東区の路上で女性刺され負傷 殺人未遂容疑で捜査

25日午後5時55分ごろ、札幌市東区北43条東17丁目の路上で、近くに住む20代の会社員女性が何者かに包丁で刺され、負傷した。女性は病院に運ばれ、命に別条はないもよう。道警は、殺人未遂事件として捜査を始めた。

 東署によると、女性は歩いて帰宅途中で、現場に包丁が残されていた。女性に助けを求められた通行人が110番した。

 現場は札幌市営地下鉄栄町駅近くの道営住宅が並ぶ地区。

■「誰でもいいから刺そうと思った」逮捕の孫が供述 高齢夫婦ら3人死亡事件 神戸市

神戸市北区有野町有野の無職、南部達夫さん(83)方などで16日早朝、高齢夫婦ら3人が死亡した事件で、逮捕された南部さんと同居する孫の無職、竹島叶実(かなみ)容疑者(26)が「自宅にあった包丁で、誰でもいいから刺してやろうと思った」と供述していることがわかった。

 16日午前6時20分ごろ、南部達夫さん(83)方から「誰か助けに来てくれ」と110番があり、兵庫県警有馬署員が駆けつけたところ、玄関先で南部さんが血を流して倒れており、後に死亡。室内では妻の観雪(みゆき)さん(83)の死亡が確認された。さらに約50メートル離れた駐車場で近くに住む無職、辻やゑ子さん(79)が死亡していたほか、路上などでも夫婦の娘(52)や近隣の無職の女性(65)が重傷を負っており、病院に搬送された。2人は命に別条ないという。

約15分後、現場から約250メートル離れた有間神社で、血のついた包丁と金属バットを持った竹島容疑者を署員が発見し、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した。県警は有馬署に捜査本部を設置し、殺人容疑で竹島容疑者の逮捕状を請求する方針。

 県警によると、南部さん夫婦は娘、竹島容疑者との4人暮らし。

 近くに住む女性(65)は「パトカーのサイレンに気づいて飛び起きた。孫とは面識がないのでどんな人なのか知らないが、南部さんからは家族のトラブルのような話は聞いたことがない。なぜ事件が起きたのか分からないので怖い」と話した。

 現場は神戸電鉄三田線岡場駅の南約650メートルの住宅地。

■通り魔か、女性殴られ重体=出勤途中-警視庁

20日午前9時45分ごろ、東京都品川区南大井の路上で、「女性が頭部から出血している」と110番があった。警視庁大井署員らが駆け付けると、会社員の女性(68)が民家の敷地内で頭から血を流して座り込んでいた。
 女性は「後ろから殴られた」と話し、病院に搬送されたが、意識不明の重体という。警視庁は、女性が出勤途中に何者かに突然襲われた通り魔事件として、殺人未遂容疑で捜査を始めた。

■自らも腕切る?肉えぐる大けが 千葉の殺人未遂容疑者

21日午前11時20分ごろ、千葉県松戸市常盤平3丁目の金ケ作(かねがさく)公園にいた男性から「男が包丁を振りかざしている」と110番通報があった。県警によると、成人の男性5人が刃物で切りつけられるなどして、病院に搬送された。いずれも意識はあるという。松戸東署は、公園近くの路上で暴れていた近所の男を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した

逮捕されたのは、自称無職柴田法雄容疑者(34)。県警によると、逮捕容疑は、けがをした5人のうち1人の背中を包丁で刺すなどして殺害しようとしたとするもの。男性とは面識がなかった。柴田容疑者は「私がやったことに間違いない」と供述しているという。

 署などによると、柴田容疑者は男性を襲った後、公園の野球場にあったバットで、野球をしていた45~63歳の男性4人を次々と殴ってけがをさせた。男性たちが取り押さえ、駆け付けた警察官が逮捕した。

 柴田容疑者は左腕に肉がえぐられるような大けがをしており、自宅がある団地の階段には多数の血痕が残っていた。署は柴田容疑者がマンションで自分の腕を切るなどした後、公園に向かったとみて調べている。

■埼玉のサイクリングロード イヤホンをしていた10代と20代女性が首絞められる被害相次ぐ

埼玉県の入間川沿いにあるサイクリングロードで16日夜、女性が男に首を絞められる被害が2件相次ぎ、埼玉県警が同一犯による可能性も視野に傷害容疑で捜査している。

 同日午後10時40分ごろ、同県狭山市柏原新田で自転車に乗っていた10代女性が右斜め前から自分に向かって歩いてきた男に驚いて転倒し、首を絞められ、首に軽いけがを負った。

約30分後の同11時10分ごろには、北東側に約5~6キロ離れた同県川越市内で、ランニングしていた20代女性が後ろから来た男に首を絞められ、振りほどこうとした際に転倒し、左肘を脱臼した。

 同県警によると、発生当時の現場は暗くて人通りが少なく、女性は2人ともイヤホンをしていた。

■量販店で7歳女児と41歳母に切りつけ、43歳女を現行犯逮捕 滋賀・長浜

16日午後8時20分ごろ、滋賀県長浜市小堀町の大型量販店1階で、同市の女児(7)と母親(41)が女に刃物で切りつけられた。

 近くにいた男性店員らが女を取り押さえ、滋賀県警長浜署が殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。同署によると、同市宮司町の職業不詳の女(43)で、突然女児を切りつけ、かばおうとした母親も切りつけた。女児は顔や右腕、母親は右肩や右足にけがをした。女は精神疾患で通院歴があるという。

■こども園に男が侵入、刃物振り回し3人けが

大分県警に入った通報によると、31日午後3時20分頃、同県宇佐市四日市の認定こども園「四日市こども園」に男が侵入、サバイバルナイフのような刃物(刃渡り19センチ)を振り回し、子供1人を含む少なくとも3人がけがを負った。

 いずれも命に別条はないという。

 男は駆けつけた警察官に取り押さえられ、同日午後3時35分、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕された。男は30歳くらい。

■トイレ前で待ち伏せ 大磯“通り魔”殺人

神奈川県大磯町の公園のトイレで、男が面識のない男性を鉄パイプで殴り殺害した事件で、男がトイレの前で待ち伏せして襲ったことがわかった。

 殺人の疑いで逮捕された建設関連会社社員・後藤優容疑者(32)は15日、送検された。後藤容疑者は13日夕方、大磯町の公園で、散歩中だった吉川友義さん(44)がトイレから出てきたところを突然、鉄パイプで殴り、殺害した疑いがもたれている。

 その後の警察への取材で、後藤容疑者は、吉川さんがトイレへ入るのを目撃したことから、鉄パイプを持ってトイレの前で待ち伏せし、吉川さんが出てきた直後に正面から襲いかかったことがわかった。

 2人の間に面識はなく、後藤容疑者は調べに対し、「人を殺して警察に捕まろうと思った」「最初に見つけた男の人を殺そうと思った」と供述しているということで、警察が詳しい経緯を調べている。

■妻の前で顔など切られ重傷、殺人未遂容疑男逮捕

18日午後8時40分頃、愛知県江南市古知野町瑞穂の市道で、市内の会社員の男性(26)が、前から来た男に刃物で顔や腕などを切りつけられて重傷を負った。

 男は刃物を持って逃げた。

 男性と一緒にいた妻が110番し、駆けつけた県警の捜査員が約30分後、約0・5キロ北東の公園で血のついた刃物を持ち、着衣にも血がついた自称江南市尾崎町桐野、アルバイト遠藤伸悟容疑者(22)を見つけて殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。「知らない人を刺した」と容疑を認めているという。

 県警江南署の発表によると、男性は帰宅中で、遠藤容疑者とは面識がないという。同署で動機などを調べている。

■ナイフ男母子襲う 警官狙った4発全弾命中、両足2発ずつ撃ち分ける 京都市北区の住宅街

1 2 3 4 5 6 7 8