1. まとめトップ
  2. 雑学

ボディビルのポージングの名前まとめ

ボディビルダーのポーズ、ポージングに関するまとめ。リラックスポーズ、サイドリラックス、ダブルバイセップス、ラットスプレッド、サイドトライセップス、サイドチェスト、アブドミナル&サイ、モストマスキュラー、オリバーポーズ。

更新日: 2016年06月11日

163 お気に入り 405693 view
お気に入り追加

1、基本姿勢 リラックスポーズ

通称「リラックス」と呼ばれるポーズです。
ボディビルポーズの基本的な姿勢です。大抵このポーズを型に、色々なポージングへと入って行きます。

その名の通りリラックスするのではなく、実はこれ全身に力入れてます。

身体の側面を見せる為のリラックスポーズです。
ちなみにリラックスしてません

2、ダブルバイセプス double biceps

上腕二頭筋と腹筋、胸筋、腹斜筋、大腿四頭筋など、主に前面を強調するポーズ。

bicepsとは 上腕二頭筋の意。

身体のバランスが重要視されるポーズ。特に脇部にある広背筋から腹筋、特に脚までと言う様に身体全体のバランスが評価される。

昔から、力強さや筋肉の大きさを象徴する代表的なポーズとして広く普及してきたポーズ

フロントダブルバイセプスと同じポーズに見えるが、使う筋肉はフロントと全く異なる。

バックポーズでは主に上腕二頭筋、三角筋、後背筋、僧帽筋、大殿筋、ハムストリングス、腓腹筋などの筋肉を総動員する。

逆三角形がもろに分かるポーズなので、腹部の脂肪があるとカッコ悪い

3、ラットスプレッド lat spread

lat 広背筋

肩を広げるポーズ。
ラットは背中の筋肉を意味し、スプレッドは広げるという意味ですから、背中の筋肉を広げたポーズという意味になります。

脇の下に見える筋肉は広背筋で、これは背中の筋肉であり、逆三角形の体型を形作っている筋肉です。背中の筋肉を大きく左右に広げて、背中の横幅を強調するポーズです。

主に広背筋を比較審査するときに使用するポーズ。

フロントよりも広背筋の大きさが際立つポーズ。
またハムストリングや大殿筋も強調されていることが分かる。

4、サイドチェスト side chest

ボディビルと言えばこのポーズを思い浮かべる人も多いのではないのだろうか。

身体の側面、特に「大殿筋」を強調するポーズである。

5、サイドトライセプス side triceps pose

triceps 上腕三頭筋

上腕三頭筋を強調するポーズ。
腕の審査で使われる。

身体の側面を主に強調する為に、審査時のポイントとしては肩と腹斜筋と脚の太さも審査対象になる。

6、アブドミナル & サイ Abdominals snd thighs

abdominals 腹筋
thighs 脚

腹筋の体脂肪率がモロ分かりするポーズなので、腹筋の比較審査の際に使用するポーズ。

7、モストマスキュラー Most muscular pose

最も力強そうに見えるポーズ。

腹筋より上にある筋肉が最も強調されるポーズ。

8、オリバーポーズ

併せて読みたいリンク

1