1. まとめトップ

意外と知らない 【ショートカットキー】の便利さ あなたはいくつ使えてる? windows7

Windows はキーボードだけの操作でも使うことができます。普段使うときにも便利なショートカットキーがたくさんあります。是非使いこなして、快適なパソコンライフを送りましょう。

更新日: 2012年06月19日

watamotsuさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
139 お気に入り 20432 view
お気に入り追加

ショートカットキーって?

ショートカットキーとは、ウィンドウの操作や目的の場所(ファイルやアプリケーションなど)までショートカットできるキーのことです。
Windows7で、知っておくと便利なショートーカットキーを一覧表でまとめました。

ショートカットキー

記述はこんな感じでしていきます。

Win・・・キーボードのウィンドウズのマーク
Ctrl・・・Ctrlキー
Alt・・・Altキー
↑・・・テンキーの上(矢印の上)

Shift・・・Shiftキー
F4・・・ファンクションキーの「F4」

【コピー】

コピーしたい範囲(ファイル)を選択して Ctrl + C

【切り取り(移動)】

切り取りしたい範囲(ファイル)を選択して Ctrl + X

【貼り付け】

貼り付けたい場所を選択し Ctrl + V

【全選択】

Ctrl + A (そのフォルダにある全てのファイルを選択したい場合に便利)

【元に戻す】

Ctrl +Z  入力ミスをした場合に入力前に戻る

ここまでは、一般的なショートカットキーですね。
たぶん、使われてる方も多いと思います。

意外と知らない人もいるのかなと思うショートカットキーを挙げていきます

【ファイル名変更が面倒・・・】

ファイル名を変更する場合、
右クリック→名前の変更をしなければなりませんが、ショートカットキーを使うと便利にできます。

選択→「F2」

ファイルまたはフォルダを選択し F2 を押すと名前の変更ができる

【すぐにデスクトップを表示したい】

windowをたくさん開いていると最小化が面倒だったり、マウス操作で閉じなければいけないので意外と面倒。

Win + M

すべてのwindowが最小化され、デスクトップ画面が表示されます。
いざ、というときに役に立つかも

1 2





watamotsuさん