1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

コーヒーを飲みすぎると、カフェインが牛乳中のカルシウム吸収を阻害するというのは本当ですか。 ... カフェインは、カルシウム排泄量をやや増加させ、カルシウムの吸収を低下させますが、レギュラーコーヒーを1杯飲んでもカルシム減少量はわずか2~3mgであることが報告されています

1日に10杯のコーヒーを水のように飲んできた」と説明し、医師は骨密度検査を介して、シャオさんの骨が60代の骨のようだと診断。
骨の強度が極端に弱くなっており、簡単に骨折してしまう骨粗しょう症になってしまったようだ。

医師は若者たちの骨粗しょう症の増加傾向を指摘し、「運動不足、喫煙、過度の飲酒、炭酸飲料、コーヒーの摂取量を、骨の年齢(老化)を早める」と忠告。
専門家によると、コーヒーに含まれるカフェインは、小腸からのカルシウムの吸収を妨ぐ。

利尿作用を活性化して体内のカルシウムを尿に排出する。
これは骨密度を下げ、骨粗しょう症の原因となる。

1 2