1. まとめトップ

【兵庫動物残虐事件】加古川・高砂で 動物死骸7件目 惨殺ネコ、ハト 止まらぬ「猟奇的犯行」 ‎

加古川市と高砂市では、先月10日から27日にかけて、猫やハトが首や脚を切られるなどして死んでいるのが6件見つかっていて、いずれも半径2キロの範囲に集中しています。

更新日: 2012年07月31日

3 お気に入り 15636 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ハリマ0さん

半径2km圏内で猫やハトが 多数死んでいる

腹部を切られた猫の死骸が放置

6月13日(水)午前7時30分ごろ、加古川市加古川町寺家町所在の月極駐車場内において、腹部を切られた猫の死骸が放置されているのが発見されました。
最近、加古川市内や高砂市内で同様の事案が連続発生しています。
不審者を目撃されましたら、すぐに110番通報をお願いします。

刃物所持の不審者情報(6月13日・加古川)

6月18日(水)午後5時30分ごろ、加古川市加古川町中津付近で、刃物のような物を所持した不審者が目撃されました。不審者は、60歳代、黒色パーカー、茶色ズボン、青色帽子着用の男です。

刃物所持の不審者情報(6月13日・飾磨)

6月13日(水)午前7時5分ごろ、姫路市広畑区才734番地付近の路上で、手に刃物のような物を所持した不審者が立っているのを、通行中の男子児童が目撃しました。
不審者は、40歳位、白髪混じり、赤色トレーナー、ジーパン着用の男です。

過去に県内で起きた残虐な事件の前後にも動物の死骸が連続して見つかったことがある。
 加古川市内で平成19年10月、小学2年の鵜瀬柚希(うのせゆずき)ちゃん=当時(7)=が刺殺された事件。現在も未解決だが、この事件の前後にも殺害現場近くで首を切断された猫といった動物の死骸が複数見つかっていた。

 また、平成9年の神戸市須磨区の児童連続殺傷事件では、犯人の当時14歳の少年が動物虐待を行っていたことがわかっている。

不吉な予兆でなければよいのだが…

「非常に不謹慎ながら、動物の死骸の連続発見で思い出されるのはあの2事件」と話し、「動物を虐殺する人間はさらに重大な犯罪を起こしかねない。不吉な予兆でなければよいのだが…」

その後の対応状況

@nohotwater1973 加古川の現場終わってバイパスの上で渋滞。今降りて西神戸走ってる。

@ryumakun2 加古川駅に5分位遅れて、乗り換えの普通が5分近く遅れてます(ーー;)

【その他の渋滞】兵庫県加古川市06/13 20:06加古川バイパス上り方面 加古川バイパス上り、加古川出口過ぎたところから、大渋滞 15キロぐらいでしか動きません。

行きと同じ距離やのに帰りのが長く感じるー道のり長いなー。お腹すいたってー(´д`) やっと加古川。

@0001746 加古川住んでた時の 友達よ~ん 笑 誰やと思たんやっ(^3^)笑

@murakamike_ やったぁ(^^)vもう1回馬場さんに加古川に来てもらって、かつめし食べてもらいたいわー。で、かつめしの歌♪お願いしたい(^m^)

夜は怖くてなかなか外を出歩けない

ひったくりが多発していることを受け、外出を控える高齢者も増えており、自宅近くで4件の被害が出ている加古川市米田町平津の主婦(70)は「自転車にはひったくり防止用のネットをかぶせているが、夜は怖くてなかなか外を出歩けない」と不安そうな表情を浮かべる。

1





このまとめへのコメント1

  • -聖少女-さん|2012.09.04

    【兵庫】頭がい骨と背骨、内臓が無いネコの死骸が見つかる

    4日午前9時ごろ、兵庫県西宮市の住宅街の路上で、猫の死骸を通行人が見つけ、
    近くの交番に届けた。猫は頭がい骨と背骨、内臓がない状態だった。

    甲子園署によると、首と尻の部分に切られたような痕があり、そこから抜き取られた
    可能性もある。動物愛護法違反の疑いで調べる。

    兵庫県高砂市や加古川市などでは5月以降、首を切られるなどした猫やキジバトの
    死骸が連続して見つかっている。

    http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20120904-OHT1T00162.htm

1