1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

turkey07さん

李登輝

李登輝と日本

・中華民国の公人でありながら自らを「半日本人」と称する
・尖閣諸島(中国語名:釣魚台列嶼)を「沖縄県に属する日本固有の領土」と発言をし[27]、2008年9月24日には訪問先の沖縄で再び日本領土だと発言する。
・「“靖国問題”とは中国とコリアがつくったおとぎ話なんだよ」と発言するなど、日本寄りの主張を行っている。

ジャック・シラク

親日家

・遠藤周作など日本文学を愛読する。
・「土偶と埴輪を区別できる親日家」
・愛犬の名前に「スモウ」とつけるほどの大相撲の大ファン
・エリゼ宮を訪問する日本の要人に「源義経とチンギス・ハーンの関係」などを話題にして驚嘆させた。

ドラガン・ストイコビッチ

親日家

・ベオグラードの日本大使館員に真剣に一時帰化の相談をしたというエピソードもある。趣味は盆栽で、夏には浴衣を着て家族と寺院で記念撮影をする。名古屋のゼネラルマネージャーとして共に仕事をした久米一正によれば、日本語は既に「ペラペラ」だが、選手と距離を作るために敢えて話さないという。

・海外キャンプに行くときも納豆を持参するようにクラブにリクエストしていたが、1997年のオーストラリアキャンプで朝食に納豆が出されなかったため激怒し、クラブスタッフを日本食食料品店に買いに行かせた。

ルイス・フィーゴ

エピソード

・寿司が好物であることでも知られ、バルセロナに日本食店を出店した。また、来日するたびに寿司店を訪れている。ナイキのコマーシャルのメイキングでも「名選手になるには?」と問われて、いくつか回答した後「ああ、あと寿司を食べることかなぁ」と冗談めかして発言したことがある。

・スペインで寿司屋を経営していたが、スペインリーグでプレーしていた城彰二にレアル・マドリードでの試合終了後、チョイチョイと手招きをし「俺がやっている寿司屋に来てくれよ。」とさそった逸話がある。城が来店して食べてみたがあんまり美味くなかった、と雑誌で吐露。

レディー・ガガ

東日本大震災の復興支援

2011年3月11日に発生した東日本大震災に対し、ガガは即座に「WE PRAY FOR JAPAN 日本の為に祈りを」とデザインしたブレスレットを作成し販売。「収益はすべて日本に寄付する。モンスターたちよろしく」と自身のツイッターでコメントした。その後ブレスレットは2週間で1億2000万円以上売り上げ、全額寄付された

アレッサンドロ・デル・ピエロ

エピソード

日本アニメルパン三世のファン。モータースポーツの観戦も趣味の一つであり、亡くなったバイクレーサーの加藤大治郎にサインを求めたことがある。

2011年3月に起きた東北地方太平洋沖地震の惨事を知り、チャリティー用に自らデザインしたTシャツ(イタリアの国旗の上に日の丸を乗せ「友」と言う文字が刻まれている)を販売し、その売り上げは復興の為に寄付する事を発表した。特に被害甚大であった仙台市は2002 FIFAワールドカップのイタリア代表のキャンプ地であり、その惨状を視て深い悲しみに陥ったと言う。そのTシャツを長友佑都も着用している。

シンディ・ローパー

日本との交流

・2011年3月17日にには、CNNからの取材を受け、見聞きした範囲で、日本の現状・窮状を伝え、日本に対する支援や募金などの助力を求め、その訴えは、CNNの番組であるHLNを通じて、現地時間の2011年3月17日に世界へ向け報道された。
・日本にはたびたび「お忍び」で訪れて、旅行をしている。もっぱら移動手段は新幹線で、乗り込むとすぐにビールもしくは日本酒とスルメを買い込んで一杯やりつつ、車窓からの景色を眺めるのが好きだとのことである。

ジョン・レノン

日本との関わり

アルバム『ジョンの魂』発表直後の1971年1月13日から21日に訪日した際、同作品への俳句の影響を示唆し、日本語で「しぶいアルバム」と表現している。 また、この訪日時にジョンは、ヨーコと共に歌舞伎隅田川を観劇し感涙したという。その際に歌舞伎役者中村歌右衛門の楽屋を訪れたことが縁となり、ジョンは1975年に行われた歌右衛門の英国公演を支援している

スティーヴン・セガール

日本通

・長期間日本の大阪に滞在していたため日本語(大阪弁)は堪能。淀川長治とは日本語で対談を行った。淀川の「日本語がお上手ですね」に対してセガールは「恐れ入ります」と応えた。
・ゴジラ(日本)のファンでもある。
・千葉真一はセガールと親交があり、千葉がハリウッドに拠点を移してからは、セガールが流暢な大阪弁で「千葉先生、居てはりまっか?」などと、頻繁に千葉へ連絡している

アーレー・バーク提督

嫌日家から親日家へ

出典アーレイ・バーク Wikipedia

太平洋戦争終戦後、暫くはかつての敵であった日本人に対し否定的な感情を持っていた。公の場で日本人を「ジャップ」「黄色い猿ども」と侮蔑的に呼び、露骨に日本人を蔑み嫌う等、反日的・嫌日的な態度を取っていたが、ふとしたきっかけで元海軍中将草鹿任一と知り合い、親しく親交を交わす様になると、以前とはうって変わって親日家となり、日本が早く占領状態から解放されるように軍人の立場から尽力、海上自衛隊の創設に協力することとなる。

1




このまとめへのコメント1

1