1. まとめトップ

外食するのが怖くなる飲食店の裏側

事実関係はともかくとして、かなりグロ内容もあるので、食事前(特に外で)の方は要注意。

更新日: 2012年12月24日

18 お気に入り 136573 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nandemojohoさん

飲食店で、食材の一部を使い回したことのあるところは21%

刺身のツマなどの使い回しで廃業に追い込まれた『船場吉兆』を覚えている方は多いのでは?

閉店後に残ったネタのアジもイワシもごちゃ混ぜにしてミンチにし、マーガリンを加えて、マグロがまったく入って いない「ネギトロ」を作るなんて朝飯前だ。

カップやビニール袋に入ったパックサラダは、いつまでもパリパリで色も変わらない。何か変じゃないか。「カット野菜は次亜塩素酸ソーダの入ったプールに濃度を変え何度もつけて殺菌し、pH調整剤も加えると 。

居酒屋、笑〇で働いてたけど、グラスなんか洗ってないに等しいよ。 スポンジでちょこちょこやった後に水を張った流しにザブンとやって終り。 しかも、この水は「コスト削減のため」一日一回しか変えちゃいけないから、灰色でドロドロのヘドロみたい。同様に、スポンジの洗剤もほとんど使ってはいけないことになっている。

鶏処理をすると、下に落ちたて溜まったゴミの中に鶏の脂が落ちている 。それを回収する業者がいた…何に使うかというと… ラーメンの出汁にするとの話。

チェーン居酒屋のビールは「粉」を使って作っている!?

これは都市伝説との話もありますので話半分に。

バケツの中にいれてるもやしだって夏場は底のほうに 虫沸いてる。ウジとかもぞもぞうごいてんのね。だけど普通につかってる。
「うちは熱通すから食中毒なんか起きねえよ。入れればわからない」 って店長いってるし。それに保健所の検査だって事前に日時指定するし その日の朝に冷蔵庫だけ拭いて掃除終了!(爆)これで毎回検査合格してました(笑) あほですね。保健所も。

海老や蟹類も(ブランキット)っていう漂白剤を使ってます。
特に冷凍蟹はかなりの量を使っており 解凍したら、ぬるぬるするのはそのせいです。
昔は野菜(ゴボー、レンコン)にも使用してましたが 最近になって使用禁止になったよーです。

生野菜は次亜塩素酸ナトリウム(商品名 ピューラックス)で殺菌・洗浄します。
キッチンハイターと同じ成分でカラダに毒ですが、水洗いすればダイジョーブ!
なわきゃない!

生野菜を殺菌するのは良心的な店。
昔、レストランのバイトで腐ったトマトを捨てようとしたら
えらい怒られまして、「反対側はまだ使えるだろう」と、本当に客へ出されていきました。
以前O-157を出した焼肉屋の系列店の話。

まあ、家庭ではやる人もいるでしょうが、お客さんに出すものはさすがにまずいかな。。。

弁当屋の夕方深夜の油はドロドロ真っ黒
朝はさらさらで透明
唐揚げが美味しそうな色なのはドロドロ油のおかげ

某牛丼屋でバイトしてたけど、 態度が横柄な客or常連から「つゆだく」を注文された場合、脂をお玉ですくってかけてますた。

食べログ(tabelog)に酷い店をありのままに書くと消されるのを知ってますか?

こうなると、唯一の見方、庶民の口コミすらも頼りにならないってことかな。

1