1. まとめトップ

【作画崩壊ってレベルじゃない】伝説の未完成劇場アニメ「ガンドレス」

劇場向けアニメの歴史にその名を(悪い方向に)刻みこんでしまった伝説…「ガンドレス」

更新日: 2013年09月17日

23 お気に入り 180146 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Y_akaikeさん

1999年3月20日公開開始
キャラクター&ロボデザインに「攻殻機動隊」の士郎正宗を起用した。

公開と同時にそのクオリティでアニメ界に伝説を残すことになる。

この映画の最初の山場は入場前にやってくる。
映画館の前にはこんな看板が立っている。

「本日はご来場ありがとうございます。

 今回上映いたします映画「ガンドレス」は、鋭意製作を進めてまいりましたが、
誠に残念ながら不完全な形で公開せざるを得なくなりました。深くお詫び申し上げます。

 ご覧頂く方は複数箇所に不完全な部分があることをご納得の上、ご入場下さい。
 (ご入場いただいてからの料金の返却はいたしかねます)

 本日ご覧頂いた方には、後日完全版ビデオを送らせていただくことで、お詫びと代えさせていただきます。」

オープニングからいくらかは普通な映像が続く。
全体から見れば本当にわずかだが・・・

予兆:セル画のズレ

ロボが妙に小さくなる。

実は背景とセル画の重ねる順序を間違えていて
背景→ロボ→手前のコンソール の順が
背景→コンソール→ロボ になっている。

これでもヒロインです。
口がひん曲がってますが

そして始まる謎の動き。
腹のあたりを見ると微妙にセル画がずれているのが分かるが、もはやそんなレベルのことに気がつくレベルではない。

そして伝説へ…:単色塗り

これぞガンドレスが伝説となった瞬間。
このあとミサイルが発射されるが、その動きもおかしい

恐ろしいことにこんな塗り方のシーンがいくらでも出てくる。

人間だって容赦はない。
そのくせ主人公のヌードシーンは綺麗に塗ってあったりする。

この色数ですら塗り分けが怪しい

ついた呼び名が「キン肉マン消しゴム」

色分けぐらいはしてくれよ

公開後に一応の完成状態にはなったらしい

恐ろしいことにゲームにもなってる

1