1. まとめトップ
  2. ガールズ

さらさら髪になれる!ダイソー桃の木櫛×あんず油を使ったマイ櫛の作り方

ネットや口コミで話題!「ザ・ダイソーの桃の木櫛にあんず油をつけ、自分ならではの櫛を作る方法」です。オイルを染み込ませた桃の木櫛を使うと、髪がキレイになると絶賛されています。簡単なのでぜひチャレンジしてみてください♪

更新日: 2012年06月18日

6068 お気に入り 853724 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

naochissさん

▼必要なもの

105円

品切れが出るほど、人気の商品です。
迷ってしまうほど種類がありますが、梳かし櫛、花櫛、馬櫛(普通歯)がオススメとの声も。

60ml 1,029円

ヘアケアの定番あんず油。
サラッとしたオイルで良い香りが人気。

・サンドペーパー(紙やすり)

粗めと細めを用意するとgood!ダイソーにもあります。

・古い歯ブラシなど

やすり掛けで出てきた細かい木くずを処理するためのものです。

・サランラップ

・クッキングペーパー

▼ダイソー桃の木櫛×あんず油を使ったマイ櫛の作り方

(1)まずは、丁寧にやすり掛けします。

最近の「桃の木櫛」には、ニスが塗られているそうなので、オイルの染み込みを良くするため&滑らかな櫛にするために、紙やすりで丁寧に櫛をやすり掛けしましょう。
粗め→細めでやすり掛けすると、キレイに仕上がります。

【ニスが塗られているかチェック】
水を1滴たらして、はじくようなら「ニス有」、染み込むようなら「ニス無」です。

(2)古い歯ブラシなどで、細かい木くずを取る。

やすり掛けの細かい木くずを、古い歯ブラシや乾いたタオル、爪楊枝なとで取りましょう。
これで櫛の準備はバッチリ。

(3)大きめにラップを敷いてあんず油を数滴たらす。

ラップを敷く前にオイルをこぼさないために、クッキングペーパーを敷いても良いですね。
ラップは後で櫛を包むので、大きめにカットしてください。

(4)櫛を乗せ、上から更に油をたらします。

オイルが染み込んで色が変わっていく様子がわかります。
たらし過ぎないように気を付けてくださいね。

(5)ラップで櫛を包みます。

オイル漏れ防止に、ビニール袋に入れると良いですよ。

ちなみに、これは漬けて2日目の私の櫛です。
だんだん濃い色になっていっています。

(6)1週間程度放置します。

平均して1週間程度漬けこむ方が多いようですが、この辺はお好みで…

(7)オイルをキッチンペーパー等で拭き取り、完成!!

拭き取り後、さらに丸一日乾燥させると馴染みが良いそうです。

▼完成品の画像

出典ameblo.jp

オイルを漬けていない櫛と比べると、一目瞭然ですね!
ツバキ油を漬けた櫛だそうですが、とてもきれいな飴色です。

とても良い色に漬かっていますね!

105円の櫛には見えません。

自宅用と持ち歩き用、複数持っている方が多いようです。
こんな可愛いケースで持ち歩いていたら素敵ですね。

▼オイル漬けした桃の木櫛を使っている人の感想

『自分で油をなじませて道具を手入れするところも、なんだか日本人の粋?を感じてしまいます♪』

『これでとかすとサラサラになるし髪も傷みにくいし昔の女性のような慎ましやかな気分になれて最高です。』

▼他のオイルでも大丈夫!

もちろん、あんず油に限らずお好みのオイルで漬けれます。
自分の好きなオイルでお気に入りの櫛を作ってみてください。

1 2