1. まとめトップ

世界で起きた悲惨な航空機事故

世界で起きた飛行機事故です。飛行機怖い、、、

更新日: 2014年03月11日

51 お気に入り 646994 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

win-winさん

世界で起きた悲惨な航空機事故

◆テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故

テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故(テネリフェくうこうジャンボきしょうとつじこ)は、1977年3月27日17時6分(現地時間)、スペイン領カナリア諸島のテネリフェ島にあるロス・ロデオス空港の滑走路上で2機のボーイング747型機同士が衝突し、乗客乗員合わせて583人が死亡した事故の通称である。死者数においては史上最悪の航空事故である。死者数の多さなどから「テネリフェの悲劇 / テネリフェの惨事 (Tenerife Disaster) 」とも呼ばれている。生存者は乗客54人と乗員7人であった。

事故にあった航空機は、パンアメリカン航空(パンナム)1736便(クリッパー・ヴィクター号、機長:ヴィクター・グラブス Victor Grubbs)とKLMオランダ航空4805便(ライン号、機長:ヤコブ・ファン・ザンテン Jacob Veldhuyzen van Zanten)であった。

1977年3月27日17時6分(現地時間)、スペイン領カナリア諸島のテネリフェ島にあるロス・ロデオス空港の滑走路上で2機のボーイング747型機同士が衝突し、乗客乗員合わせて583人が死亡した事故

◆ユナイテッド航空811便貨物ドア脱落事故

ユナイテッド航空811便貨物ドア脱落事故(ユナイテッドこうくう811びんかもつドアだつらくじこ)は、1989年2月24日午前2時9分9秒(ハワイ標準時)にハワイ・ホノルル国際空港付近の高度約22000フィート(約6700メートル)で発生した事故である。飛行中のユナイテッド航空811便(ボーイング747-122型機)の貨物ドアのロックが飛行中にはずれ、同ドアが脱落した。

貨物ドアのロックが飛行中にはずれ、同ドアが脱落した。

◆サウジアラビア航空163便火災事故

サウジアラビア航空163便火災事故( サウジアラビアこうくう163びんかさいじこ、英語:Saudia Flight 163)は、貨物室の火災のため緊急着陸に成功しながら、様々な不手際が重なったために乗員乗客全員が犠牲になった航空事故である。

◆フィリピン航空434便爆破事件

フィリピン航空434便爆破事件(フィリピンこうくう434びんばくはじけん、英語:Philippine Airlines Flight 434)は1994年(平成6年)に発生した運航中の旅客機を利用した航空テロ。このテロは国際的テロリスト集団「アルカーイダ」が1995年1月21日に決行を予定していた、ボジンカ計画と呼ばれる航空機爆破計画の予行演習として行われた。日本の領空附近で発生し、日本人1名が死亡した。

このテロは国際的テロリスト集団「アルカーイダ」が1995年1月21日に決行を予定していた

◆エチオピア航空961便ハイジャック墜落事件

エチオピア航空961便ハイジャック墜落事件(Ethiopian Airlines Flight 961)とは1996年に発生したハイジャック事件である。
犯人の意図は不明であるが、ハイジャックした機では不可能なオーストラリア行きを要求したため、燃料切れで海上に墜落する惨事となった。

◆チャイナエアライン611便空中分解事故

チャイナエアライン611便空中分解事故(チャイナエアライン611びんくうちゅうぶんかいじこ)とは、2002年5月25日に中正国際空港(現台湾桃園国際空港)から香港国際空港へ向かっていたチャイナエアラインのボーイング747-200B(機体記号B-18255)が台湾海峡上空を巡航中に空中分解し海上に墜落した航空事故である。
事故原因は機体スキン(外皮)の不完全な修理のために起きた金属疲労により破壊が生じたというものであった。

事故原因は機体スキン(外皮)の不完全な修理のために起きた金属疲労により破壊が生じたというものであった

◆リヴィウ航空ショー墜落事故

リヴィウ航空ショー墜落事故とは、2002年7月27日、ウクライナのリヴィウにあるスクヌィーリウ空軍基地(リヴィウ国際空港)で行われていたウクライナ空軍の航空ショーで発生した墜落事故である。死者85人、負傷者100名以上を記録し、航空ショーによる事故としては1988年にドイツのラムシュタイン基地で発生したフレッチェ・トリコローリの空中衝突事故(死者75名)を上回る世界最悪の大惨事となった。

◆大韓航空機撃墜事件

1 2 3