1. まとめトップ

【トルクメニスタン】延々と燃え続ける「地獄の門」のまとめ

一度は行ってみたい、死ぬまでには訪れたい世界の絶景や観光スポット画像をまとめてみた。トルクメニスタンのダルヴァザにある地獄の門の画像まとめ。数十年間の間、地中から吹き出る天然ガスによって延々と燃え続ける「地獄の門」の情報・画像をご紹介します!

更新日: 2012年07月12日

traveldartsさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
38 お気に入り 174659 view
お気に入り追加

地獄の門概要

地獄の門とはダルヴァザ(トルクメニスタンのアハル州にある村)にあるクレーターである。

1971年に地質学者がボーリング調査をした際、偶然、天然ガスに満ちた洞窟を発見したが、調査の過程で落盤事故が起き、採掘作業用の装置が置かれていた場所もろとも直径50~100メートルにもなる大きな穴が開いてしまった。

有毒ガスの放出を食い止めるため、火を着けることになったが、可燃性ガスが地下より絶え間なく吹き出るため、延々と燃え続ける事態となった。

その後、この穴を住民は「地獄の門(英語訳:The Door to Hell)」と名づけた(日本語では「地獄の門」のほかに「地獄の扉」との直訳もされる)。

現時点ではこの天然ガスの燃焼を食い止めることは技術的にとても困難と判断され、また、天然ガスの埋蔵量自体が不明なため、今後いつまで燃え続けるのかもよく判っていない。

現在でも消火するための解決手段は無く、依然として燃え続けている。

ウィキペディアより

地獄の門画像

ちょっと遠めから見ても光ってますね。
中が気になる・・・

ちょっと近づいてみる・・・

もうちょっとだけ・・・

にしても周りの色とのギャップがすごい。

地獄の門動画

地獄の門参考リンク

あわせて読みたい

1





traveldartsさん

死ぬまでには行きたい、一度は行ってみたい世界の観光地、絶景や海外旅行情報など様々な情報をまとめていきます!