1. まとめトップ

広告をアートにした 素晴らしすぎる 野田凪の作品

死後もなお輝くその作品の数々。常識を超えた想像力はまさに芸術なのだ。

更新日: 2016年05月29日

153 お気に入り 91569 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

takashi22さん

東京都生まれ。両親は共にクリエイターで、1歳の時に映画や舞台や能を100本[2]鑑賞させられたり、色を想像する訓練のためにモノクロのテレビを見させられたりなど、独創的な教育の元に育つ[3]。女子美術大学付属高校、女子美術大学芸術学部造形計画デザイン科卒業。広告代理店I&S、大貫デザイン、サン・アドを経て独立。
2003年に創作集団・宇宙カントリーを設立。プロモーションビデオ(PV)、CM制作、CDジャケットデザインなど各種アートディレクションを手がける。2007年にアーティストのマーク・ライデンと共同でファッションブランド「broken label」を設立。2008年6月には第4回G-Star「Raw Nights」にて自作キャラクター『ニャンパン』の葬儀・告別式をアート演出した。
2008年9月11日ごろ、所属事務所のパルチザン公式サイト(英語版)[4]に、同年9月7日に急逝していたことが公表された。同年9月18日に、野田が代表を務める「宇宙カントリー」公式サイトにて死去の事実が発表された。宇宙カントリーでは、数年前に起きた事故の後遺症から用いた強い鎮痛剤誤飲による不慮の事故と発表している。

主な作品制作・監修

ラフォーレ原宿 広告デザイン
ナイキ 広告デザイン
コカコーラワールドキャンペーン PV
宇多田ヒカル CDジャケットデザイン
YUKI CDジャケット・PV
hanpanda
HALCALI 「音樂ノススメ」CDジャケットデザイン 本作は会田誠の作品「あぜ道」の意匠をそのまま盗作したものとして批判を受けた[要出典]。なお、後にジャケットは別のものに変更された。
おぎやはぎnoだっぴんぐ テレビ静岡の番組内のメインMCおぎやはぎのPVの製作を担当した。
ハチミツとクローバー アニメ第1期 オープニング映像(1~12話)
ユニクロ(ユニクロ×野田凪)

1