1. まとめトップ

元不良・元ヤンの国内外の芸能人・ミュージシャン・俳優79人

昔グレていた国内外の有名人たちについて、主に本人の自伝をソースにまとめています。新しいのを見つけ次第、追加していきます。

更新日: 2016年03月09日

116 お気に入り 9232842 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yamadayamaさん

発言形式になっているのは全て自伝等での本人の発言です。元不良として有名な人達は多数いますが、活字・動画・画像によるソースを提示できない人は掲載しませんでした。

哀川翔さん

とにかく威張ってたよ。学年のなかで4人くらい、みんなから君付けで呼ばれてるやつがいたんだけど、俺もそのなかの一人で、あとはみんな呼び捨て。人生絶好調よ。

出典哀川翔「俺、不良品」

元一世風靡。
解散後は俳優として活躍し、「Vシネマの帝王」呼ばれるほど多数の作品に出演。

カツアゲとか悪い事はしなかったよ。気分が乗らないと家に帰ってタバコ吸ってるくらい。それくらいみんなするじゃない。

出典哀川翔「俺、不良品」

赤井英和さん

次第に力ずくで生きていくことを覚えた。ケンカ三昧が始まった。こちらから吹っかけることは無かったが、売られたケンカは必ず買うた。

出典赤井英和「人生さだかやない」

ケンカの鉄則は何がなんでも先手必勝、ただ、どつきまわすのみ。

出典赤井英和「人生さだかやない」

南海沿線に名前が知れ渡った。電車に乗ったら、まず端から端まで流して歩く、えらそうに大股開いて座ってるヤツや、周りの迷惑を考えず足を組んで座ってるヤツを見つけたら容赦はせん、即座に足を蹴り上げた。「いて!何すんねんワレ……」「やめとけ!浪高の赤井や」それで大方のいざこざは済んだ。

出典赤井英和「人生さだかやない」

渥美清さん

中学校は巣鴨でございました。わたくし、もうこのころから学校には全然いかない。その代わりに不良の群れにはいりまして。けんかだと聞くと乗り物もないのに遠くまで歩いて出かけておりました。腕っ節が強いというわけじゃございませんが、要するにそういうことが好きだったのでございます。

出典渥美清「渥美清わがフーテン人生」

「男はつらいよ」シリーズの車寅次郎で知られるコメディアン。

ガン飛ばしてたぜ、ということを知りますと、みんなでスッと出かけて、相手をやっつける。さもないときは、溜まり場でタバコの回しのみをしながらバカな話をして、互いに涙出して笑いほうけている……まあ、そんな毎日でございました。

出典渥美清「渥美清わがフーテン人生」

綾小路翔さん

小学校5年生の時にクラス全員から無視されたが、自分にちょっかい出してきた相手を血まみれになるまで殴りつけたら無視がなくなった。それ以降は「時としては暴力は必要なんだ」と思うようになり、「ちょっと気に入らないことがあったら、すぐ殴るようになった」という。

なんかいろんなタブーを、お父さんごめんなさいと思いながら破っていったわけですね。タバコを吸うことであったりとか、万引きしたりとか。やらなきゃいけなかったんですよ。やらないと「おめえイモ引くんか」っていうふうになるから。

出典綾小路翔「瞬きもせずに」

中学時代の話。一方でオタクグループとも付き合いがあり、「ムー」や漫画の話をしていたという。

ミュージシャン。氣志團。
別名義にDJ OZMA。

(ツッパリとバンドの)折り合いつかぬままですね。ずーっとつかないまんまに、最終的には、暴走族になっていって。

出典綾小路翔「瞬きもせずに」

人前ではケンカ負けた事なかったです。中学校の看板も背負ってるので。でも(人が)見てない所では、物凄い速さで土下座とかしてましたね。

アンソニー・キーディス

自伝によると、父親は大麻やコカインの密売に手を出していた。まだ幼い頃から父親の手伝いをしたり、密売の現場に付き合ったりもしていたという。また、スリや空き巣も頻繁に繰り返していた。

「おい、どけよ」と言われただけでも、おれはすかさずそいつをぶん殴った。おれはチビだったが、すばしっこかったからすぐに一目置かれた。

出典アンソニー・キーディス「スカー・ティッシュ―アンソニー・キーディス自伝」

ミュージシャン。レッド・ホット・チリ・ペッパーズ。

飯島直子さん

教室につくのが、クラスで一番マジメな子よりも早かったことだって、何回もある。そんな「マジメな」ヤンキー娘が私。

出典飯島直子「ずっとこのまま愛せたら」

中学に上がるまではおとなしくて、イジメの標的にされていたこともあったという。

私の通っていた中学は、そのまんま「暴力学校」だった。窓ガラスなんか全部割られてたし、男の子たちは廊下を歩きながらだろうが、教室で授業中だろうが、シンナー吸ってた……。

出典飯島直子「ずっとこのまま愛せたら」

石倉三郎さん

貧乏でしょう。毎日が面白くないわけですよ。だから私は人をどついてばかりいました。自分の存在感を示せるのは喧嘩だけでしたから。

出典斎藤明美「家の履歴書 男優・女優篇 」

少年時代から「博打場の見張り役をして金を得たり、生活はすさんでいった」

ヤクザの情婦に駆け落ちをせがまれ、一緒に逃げたり、泥酔して大喧嘩、相手に急所を斬られたことも。

出典斎藤明美「家の履歴書 男優・女優篇 」

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11